スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「私が、生きる肌」

私が、生きる肌

00337.jpg

レビュー執筆中





スポンサーサイト

映画レビュー 「ワイルド7」

ワイルド7

00285.jpg


執筆中!




映画レビュー 「ワイルド・スピード MEGA MAX」

ワイルド・スピード MEGA MAX  原題:Fast Five

00249.jpg

年内執筆予定





映画レビュー 「わたしを離さないで」

わたしを離さないで  原題:Never Let Me Go

00165.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

カズオ・イシグロの同名小説が原作の、SFヒューマンドラマ。カズオ・イシグロは映画版でも総指揮を務める。
一見、近代を舞台にしたフィクションと思いがちだが、完全にSFとして創り上げられた世界である事は注意して頂きたい。出演はキャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、そしてキーラ・ナイトレイ。見ると分かるが完璧ともいえるキャスティングだ。

イギリスにヘイルシャムと呼ばれる全寮制で、完全に外界とは隔離された学校があった。ここでの生徒は異様なまでに徹底的な管理下に置かれる異様な学校であった。と一緒に育った、キャシー(キャリー・マリガン)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)、そしてルース(キーラ・ナイトレイ)。卒業し、コテージで暮らすことになった彼女達はある事実を知らされる・・・。

最初に、どう頑張ってもネタバレせずには書けない作品なので、内容を知りたくない方はスキップして欲しい。
ただし、ある程度内容を知っていた方が見易い部分もあるので、そこはお任せしたい。

-----------------------------------

この作品では、生きるとは何か、命とは何かを強烈ながらも静かに問う作品だ。それが、作品のヴィジュアルとは裏腹に、『アイランド』並みのSF設定で描かれる。

既に人類の平均寿命は100歳を超えている様な、医療革新が起きてる世界が舞台。その背景には、国が進めるドナー計画(National Donor Program)により、臓器提供する人間を造りだして、延命処置をすることだ。ヘイルシャムはその人間たちの学校で、良質な臓器を提供するため、厳格に健康管理とマインドコントロールがされている。

ストーリーは、彼女達3人が大人になり、ドナーとなり役目を全うするまでが描かれる。その様子は普通の子供となんら変わらず、恋もするし嫉妬もする。大人になれば愛し合い、もっと長く互いにいたいと感じ始めるが、残酷にも終わりは来る。普通は未来を見て生きるのに対し、過去を見て生きる彼女達が、何を想い、何を感じ、生きていくとは何なのかということを、優しいタッチでありながらも強く訴える。

ラストシーンのキャシーの言葉はとても重く、何とも言葉にできない気持ちだ。

間違えてはいけないのは、この作品ではドナープログラムの様な事の倫理を問うものでもないし、また、大人しく運命を受け入れる彼女たちに『アイランド』の様に、逃げてでも生き延びろという指摘は不要だ。あくまで生きるということは何なのか、ということを彼女たちの視点、そしてドナープログラムを実施する側の視点で描いている。もちろん、受け入れられない人も多いと思うが、できればそこは置いておいて頂きたい。

俳優陣はキャラクタ設定と完全にマッチし、素晴らしかった。キャシーは内に強い想いを秘めるタイプで、それをキャリー・マリガンは微妙な表情の変え方で存分に表現していたし、癇癪持ちでどこか壊れそうな危うさを持ったトミーをアンドリュー・ガーフィールドはその絶妙な話し方や表情の作り方が絶妙だった。ルース役のキーラ・ナイトレイはコテージで元気な時と、病院で弱っているときとで、あんなにも違った印象を持てるものかと驚いた。見た目といい、キャラ設定といい。彼女の底力を見せつけられた感じである。

子役の配役にも拘ったらしく、彼女達に似てる子供を学校に行って探したらしい。お蔭で大人になってもすんなり誰が誰だか分かったのでありがたかった。幼少の時代のシーンでは、キャシー役のイソベル・メイクル=スモールが、枕を抱えながらジュディ・ブリッジウォーターのNever Let Me Goを聞き、ルース役のエラ・パーネルが後ろから嫉妬心で見つめるシーンは、まさに生そのもので印象深かった。

今まで様々な「生きる」ことや「命」を題材にした作品は観てきたが、今までとは違う大きなインパクトをこの作品からは受けた。テーマとして重いし、万人に進められないかもしれないが、是非見て生きるとは何なのかを感じ、考えて欲しいと思う。

最後にIMDbでキャシーの台詞を見つけたので貼り付けておく。

I come here and imagine that this is the spot where everything I've lost since my childhood is washed out.
I tell myself, if that were true, and I waited long enough then a tiny figure would appear on the horizon across the field and gradually get larger until I'd see it was Tommy.
He'd wave. And maybe call.
I don't know if the fantasy go beyond that, I can't let it. I remind myself I was lucky to have had any time with him at all.
What I'm not sure about, is if our lives have been so different from the lives of the people we save.
We all complete.
Maybe none of us really understand what we've lived through, or feel we've had enough time.

評価:★★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ワイルド・スピード MAX」

ワイルド・スピード MAX  原題:Fast & Furious

00073.jpg


http://www.wild-speed-max.com/

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=334153
http://www.imdb.com/title/tt1013752/

遂に4作目まで来たか、という感のある本作品。
話のノリはいつも通りで、純粋にカーアクションを楽しむ映画である。

このスピード感あふれるカーチェイスはなかなか迫力があるし、現代の洗練された車種だけではなく、オールド・アメリカンもちゃんとカバーされてる所は外さない。
それにカスタマイズされたクルマと、セクシー美女(オッサン臭い言い方だなw)の組み合わせも忘れていない。純粋にカーアクションを楽しみたい方には、オススメできる作品だろう。

ただ一つ気になる事は、2作目辺りからクルマを結構潰すようになってきたことだ。
ただの量産車を潰すのなら大して何も感じないのだが、折角カスタマイズされた車両をぶつけてみたり、ジャンプさせてみたり。目茶苦茶ダメージ入るじゃないですか。

挙句の果てには、生産が終了した34Rとかをガンガンぶつけたり、爆破してみたり。
何ていうか、やるせないというか見てられない・・・。
迫力を出すには仕方ないかもしれないが、作り手の立場で見ちゃうと心が痛むシーンが多かったです。
あたしゃ、そういう人間です。私感が強くてスミマセン・・・。

P.S. どうでも良いっちゃ良いんですが、最後の方でインプがひっくり返るんですが、その時に、燃料タンクやペラシャが外されてたのに気づきましたか?

恐らく、万が一ロールオーバーした時に燃料が漏れるといけなので、外したかったんだと思います。
タンクを外すにはペラシャ降ろさないとダメだし。
知ってる人が見ると、かなりマヌケな床下になってました(笑)

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「私がクマにキレた理由(わけ)」

私がクマにキレた理由(わけ)  原題:The Nanny Diaries

00069.jpg

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329967
http://www.imdb.com/title/tt0489237/

DVDの宣伝で観ようと思った一本。
アニー(スカーレット・ヨハンソン)がナニー(ベビーシッター)を通じ、上流階層の生活を目の当たりにしながら、自分の将来の画策と、子供への愛情の必要さをキレながら伝えていくロマンティック・コメディ。

この作品にはアメリカ特有の文化、それもセレブカルチャーが当たり前の様に出てくるので、ちょっと理解するのに苦労する部分もあるかもしれない。とりあえずそれはアニーと同じく、そういうもんだと受け入れてしまわないと話が進んでいかないので要注意。

上流階級の奥様連中にとっては、子供はある意味「モノ」であり、どこそこの学校へ入ったとかステータスを自慢する手段でしかない。
それを若いナニーであるアニーは、クマに埋め込まれた監視カメラに向かってぶちキレながら、真理を伝える。

アニーがまだ大卒したてで、ゴールドマン・サックスの面接に失敗し、取り立てて失うものが無かったという状況も、キレることができた大きな要因であるが、逆に彼女しか伝えられないストレートな子供への気持ちが、この作品の最大の魅力だろう。

肩の力を抜いて、楽しんで見れる一本だ。

邦題は賛否両論あるが、予告編との組み合わせはなかなか悪くない。
だが、なんで(わけ)をわざわざ付けないといけなかったのか・・・。

①私がクマにキレたワケ
②ワタシがクマにキレたワケ
③私がクマにキレた理由
④私がクマにキレた理由(わけ)
普通に③で良いような気がしないこともないが(笑)

評価:★★★★★☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」

湾岸ミッドナイト THE MOVIE

00067.jpg

http://www.wangan-movie.com/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=333835

有名な?あの湾岸ミッドナイトの劇場版です。
今まで実写版だと大鶴義丹が出てたのがありますが、それを現代的にリメイクしたと言ったところでしょうか。

ストーリーはコミックス3巻までのZが炎上するところまで。ただし北見は登場はしない。
似て非なるものと考えた方が良さそうです。

この似て非なる所が曲者で、湾岸ミッドナイトの世界観を期待して見てしまうと、ちょっとがっかりしてしまいます。
勝手な解釈かもしれませんが、湾岸ミッドナイトの特筆すべきは、人の生き様とクルマ(機械)に対して真摯な想いが伝わってくるところだと思ってます。
(悪魔のZは別として)現実離れした事をするでもなく、あくまで原理・原則を大事にしたチューンを行い、それが色んなキャラクタがそれぞれの思いでクルマと向き合う様が、一番の魅力だと思います。

だが、そういうのがあまり感じられず、ただ原作のストーリーをなぞる事に(結果としてかもしれませんが)なってしまたのは残念でした。

まぁ尺の問題で難しかったのかもしれませんけどネ・・・。

それとやはり希少なクルマが痛めつけられるシーンは見るに耐えます。

続編もあるらしいので、↑な所は是非なんとかして欲しいですナ。

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。