スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「キャタピラー」

キャタピラー

00106.jpg

http://www.wakamatsukoji.org/index.html
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=336110

まず、本作の原作は江戸川乱歩の「芋虫」の様だが、それとは内容も幾分か違うし、ワタクシの感想がそれによって左右される訳でもない事を断っておこう。

公式Webサイトの言葉を借りれば、「1組の夫婦を通して戦争の愚かさと悲しみを描く、若松考二の新境地と言える作品が完成した」とある。つまりは反戦映画である。

日中戦争に出兵した久蔵(大西信満)は、両手足を奪われ、かつ鼓膜と声帯もやられた状態で帰還する。それもただ帰還しただけでなく、勲章を3つも貰った軍神として。
その事実を一度は受け入れられなかったシゲ子(寺島しのぶ)だが、軍神の妻として生活を進めていく。

当然と言っては何なのだが、メインのストーリーはこの夫婦の生活が主体で進んでいく。その生活と言うのは、人間の3大欲求そのもの表現だ。現実から逃げたくも、軍神の妻として、御国へのご奉公としてその責務から容易には逃げられなくも、いつしか夫を皆に晒すことでストレスを発散し、いつのまにか己の性の主導権も握ってしまうシゲ子の生活と、自分では全く何もできず、食欲、睡眠欲、そして性欲を満足させるだけだったが、シゲ子に主導権を奪われると、戦場で強姦してた記憶のフラッシュバックに気が振れ出す久蔵の生活だ。

確かに、今回久蔵に起きた悲劇は、結果として戦争がもたらしたものかもしれない。しかし彼女たちの生活の中から、「戦争でしかもたらせられない特別な何か」がそれほど伝わってこなかった。停電したり、食糧が十分ではないというシーンでは全くもって悲惨さは伝わってこない。むしろ、久蔵が強姦のフラッシュバックのシーンから、反面教師的な教訓を言いたいのかとも一瞬思った。

夫婦愛を描きたいなら分かる。夫婦なり家族が手の施しようが無い状況に陥ると、皆それぞれ少しずつおかしくなっていくものだ。この苦労は大変なものだ。もしくは性の主導権を握っていく部分であれば、それは原作そのものだ。

ではどこで戦争の悲惨さが描かれているかというと、時代背景を説明する際に、当時の映像やラジオ放送が使われたりしている。こちらの方がとてもリアルだし、しみじみする。これだけではドキュメンタリーになってしまうのだが、本当に戦争の悲惨さを理解するのであれば、これらとちゃんと向かい合うべきだろう。加えて、竹やり訓練消火訓練などは当時の映像と比較すると、あまりにも稚拙で到底反撃できるものではないことがはっきりわかる。こういう部分では、当時の軍部の愚かさがはっきり描かれている。

ワタクシが受けた感想は、夫婦の生活とそれ以外の部分が全くリンクせず、結果として何がテーマだったのか、観終わったら分からなくなってしまった。無理やり、辛い夫婦生活をもたらした原因が戦争だったとしても、カラミのシーンが多すぎだろう。「反戦」というテーマにはならないが、原作通り、戦時中という時代背景での夫婦にフォーカスした方が、作品としては面白かったと思う。原作を読んだのが小学生の時なので、細かい描写まで覚えてないが、多分間違いないと思う。

皮肉にも、寺島しのぶが光ったのはその濡れ場のシーンだ。嫌な表情、何故か満足げな表情、絶望的な表情、彼女のその時々の日常の想いは、その表情から読み取れる。それを後押しするかの様に、惜しげも無く解き放たれた裸体。メイクも無く、本当に体当たりで臨んだその演技からは、奥深いものを感じるだろう。

反戦がなかなか伝わりにくい本作だが、戦争の悲惨さは廃れさせるべきではなく、後世に伝えていくためにも、こういうテーマを持った作品が制作される事には大きな意義があると思う。

評価は本来は、メッセージ性の繋がりが理解できなくて、★2つにしようとも思ったが、寺島しのぶの好演技と、戦時中のフィルムはしみじみしたということに免じて、★3つだ。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

スポンサーサイト

映画レビュー 「カラフル」

カラフル

00105.jpg

http://colorful-movie.jp/index.html
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335873

森絵都の小説が原作、監督は原恵一のアニメーション作品。

死んだはずで、かつ大きな罪を犯し、輪廻から外れる予定だったの<ぼく>の魂の元に、にプラプラという遣いが現れ、もう一度下界に戻り再挑戦するチャンスが与えるという。戻り先は自殺を図り、死んでしまう小林真という少年。生前の記憶は全て消されている。彼の肉体で修行(=ホームステイ)を行い、自分が犯した罪が何だったかを思い出す事が課題。しかし、今まで全く振舞いが違う小林真に周囲は困惑する・・・。

最初に書いてしまうが、扱ってるテーマや表現の仕方の感じ方が非常に人によって左右されやすい内容なので、賛否両論生まれるのではないかと思う。さらに輪を掛けているのが、アニメーションだということだ。これによってこだわりのレビューがされやすくなってしまいそうだ。こういうバックグラウンドを持っている作品だということを踏まえ、以下のレビューや他のサイトのレビューを読んで頂ければと思う。

アニメーションだったり、ストーリーの舞台が中学校なのでミドルティーン向けかと思うかもしれないが、内容的には大人向け、年齢層は幅広いと思う。

予告編などで察しがつくと思うので書いてしまうが、テーマは命の重さや生きる意味だ。また場合によっては絆かもしれない。これらはもちろんそうなのだが、ワタクシがどうしても気になったのが、「結果だけでは判断できない」ということだ。

冒頭で真はプラプラから最低限の情報だけインプットされる。その中に、両親や兄の情報があるのだが、そこで与えられる情報はあくまで「誰かが見た結果的な情報」だ。話が進むなかで、その結果に至るまでには色んなプロセスがあり、それを知ってるか知らないかで、見た結果から想う事が全く異なる。如何に察っせるか、これが優しさなんだなとつくづく感じた。

ワタクシはこの作品がアニメで良かったと考える。アニメの割には、派手な演出も無くその意味を問われそうだが、表情を大きく変えたり、キャラクタの気分に合わせて色使いを変えたりというのはもちろん、少なからず観客が何らかのキャラクタに自分を重ねると思う。そのとき、アニメの方が先入観無く入っていける。ちょっと実写では不自然な所が多くなりそうだ。

また声優陣だが、俳優陣を多く起用している。これによりオーバアクションが無い、自然なトーンになっている。これは作品全体のトーンが派手ではないので、良くマッチしてる。中でも母親役の麻生久美子はハマっていた。母親がダメだとこの作品、全部ダメなくらい重要なキャラなので、そこに見事にハマった感がある。

最後に、今までに生きる事の意味や家族との関係を考えた事がある人ならば、この作品には、何か一つ心に残るフレーズがあると思う。ワタクシの場合はプラプラが言った、

「人生何てわずか数十年、ちょっと長いホームステイだと思い!」

だ。
歳を重ねると、カラフルに生きる事も許されなくなってくるし、もう生きるのに疲れたと感じる事も多々ある。色々ネガティブに考える事はあっても、そういう風に考えた事はあまり無かったので、凄く心に響いた。

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ヤギと男と男と壁と」

ヤギと男と男と壁と  原題:The Men Who Stare at Goats

00104.jpg

http://www.yagi-otoko.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=336900
http://www.imdb.com/title/tt1234548/

どうしても実話だと信じられないのだが、どうもこの本が原作らしい。
アメリカ軍がその昔、超能力者を集めサイキック・ソルジャーに訓練するジェダイ計画を進めており、そこから生まれた新地球軍についての実話がベースのブラックコメディ。キャストも豪華で、ジョージ・クルーニーやユアン・マクレガーなどそうそうたる面子である。

2003年、ミシガンの地方記者であるボブ(ユアン・マクレガー)は、元米軍の超能力者の取材などしながらも平穏な日々を送っていた。しかし妻が浮気に走り、見返したい一心でイラク戦争真っただ中のクエートに飛ぶ。ここで記者として一発当てれば・・・。だがその想いはむなしくも崩れ去り、レストランで食事をしていた。そこで知り合った男は、超能力者の取材で名前を教えて貰ったリン(ジョージ・クルーニー)だった。
ボブはリンからジェダイ計画の話を聞き、取材したいと彼の旅に同行する。

はっきり言って、全てが冗談だと思えることばかりを、大マジメにやっているギャップがたまらない。

武器は持たず、キラキラ眼力で相手から戦闘意思を奪うとか、壁をすり抜けるだとか。ベトナム戦争の反動からか、殺人部隊である軍隊が、世界平和のために戦争を起こさず解決する方法をまじめに取り組んでいたという、普通に考えたら超・理想ではあるのだが、米軍が、というところでブラックさを感じてならない。

その証拠と言ったら何なんだが、そのジェダイ計画に、ラリー(ケヴィン・スペイシー)が加わる。彼はリンの才能に嫉妬し事件を起こす。そう、彼こそがダークサイドそのものだ。そしてダークサイドが幅を利かすようになると・・・その力を悪用したくなり、ヤギを眼力で殺そうとする。

この辺がスターウォーズ同様、人間の欲深さの恐ろしさを表現してるところだ。だが、やってる事が全て小さい事やどうしようも無い事ばかりなので、呆れて思わず笑ってしまう。

また、ユアン・マクレガーを起用したのも恐らく狙ってだろう。
彼が若きオビ=ワンを演じたのは周知だが、その彼が、ジェダイ計画の事を物珍しそうに聞き出す様は、制作側の腹黒さを感じて仕方が無い。

実話だからブラックもくそも無いのだが、如何せん内容が内容なのでブラックジョークとしか言いようが無い。
個人的にこういう笑いは好きだし、実際、声を出して笑ってしまった。バーン・アフター・リーディングとかあういう笑いが好きな人にはオススメできるが、ブラックジョークが苦手な人には、全く向かない作品だろう。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「フローズン」

フローズン  原題:Frozen

00103.jpg

http://frozen-movie.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=337000
http://www.imdb.com/title/tt1323045/

新鋭のアダム・グリーン監督と、SAWシリーズの制作総指揮を務めたピーター・ブロックによる、ソリッド・シチュエーションスリラー。

極寒のスキー場で、3人の男女が日曜日の夜の最終リフトに無理を言って乗り込む。係員の手違いにより置き去りにされたまま、スキー場は終業してしまう。このスキー場は週末だけの営業のため、次にリフトが動くのは金曜日。追い詰められた3人の男女は・・・。

まず言いたいのは、非常に恐ろしい、と言うよりもホントに見たくないグロさが全開だ。


スプラッターものとかホラーやスリラーを観てもまず動じないワタクシが、恥ずかしながらも手に汗をいっぱいかきながら、デニムを握りしめていた(汗)

置き去りにされた状況から3人は何とか逃げ出そうとする。脱出を試みた方法や、それぞれに起きた痛々しい内容は違うし、スプラッターものなどと比べても、その痛い映像の派手さで言えば地味な部類だと思う。しかし、とにかく全てがリアルすぎて、観てるだけで痛みが伝わってきてしまいそうな感じだった。

この作品の全てはここにある。

ところどころ細かいツッコミを入れたくなる部分はあるのは事実だ。
多分ワタクシならもっと色々な助かる手立てを考えるだろう。
ただそういう細かい事は置いといて、純粋に楽しむ事をオススメする。

かなり短いが、これ以上書くと完全ネタバレになって面白くないので、今回はこの辺で止めておく。


評価:★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「パーフェクト・ゲッタウェイ」

パーフェクト・ゲッタウェイ  原題:A Perfect Getaway

00102.jpg

http://www.perfect-getaway.jp/pc/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335357
http://www.imdb.com/title/tt0971209/

ハネムーンにきたシドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とニック(ティモシー・オリファント)が、カップルを襲うという惨殺事件に巻き込まれていく。犯人も同じくカップルという情報の中、出会うカップルたちはお互いに疑いの念を持ちつつも、トレッキングを進めていくが・・・。

作品自体は結構面白いと思った。
登場人物もあまり有名所がいなく、それでいて各登場人物が何かしら胡散臭いところを持っていて、皆に疑いの念がかかるようになっている。そしてニックの職業が脚本家ということで、脚本のポイントを語っているところそのものが、実際のストーリーの伏線にもなっている(撹乱させるってところ)など面白い。
加えて、解放感溢れるはずのハワイが、終始重苦しい雰囲気であった演出も見逃せないポイントだ。

ちょっともったいなかったのは宣伝文句だ。「どんでん返しがある」と言ってしまうと、どこでそれが起きるか想像してしまう。追いうちを掛けたのがタイトルだ。Getaway=逃亡、逃避だ。これだけの情報があれば、感の良い人ならオチに気づいてしまうだろう。

ただ、それは想定の範囲内だったのか、ネタバレしてからの盛り上がりが一番面白い。それまでは比較的動きの少ない重めの展開だったのが、一気に転調しスリリングな展開が待っている。
全員の本性が剥き出しになり、どこかの作品で見た事のあるミラの鋭い眼光も拝める。

タイトルと宣伝文句にもう一捻りしてくれれば、高確率で騙されたかもしれないとつくづく思う。
ちょっと惜しい作品だ。

評価:★★★★★☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「エイリアン・イン・キューブ」

エイリアン・イン・キューブ  原題:The Dark Lurking

00101.jpg

http://www.imdb.com/title/tt1391579/


オーストラリアで制作された、SFアクション(多分)もの。
かなりマイナーなのか、all cinemaで検索してもヒットしなかった。

研究施設で突如異常が起こり、人々が突然凶暴化しはじめる。事態を打開できないと判断した司令部は施設のロックダウンを決める。残された生存者は生き残るべく必死に応戦しするのだが・・・。

これほど、何もかもが支離滅裂というか、虚偽広告というか、とにかく無茶苦茶だ。
しかしそれでいて、何故か見てしまう、B級かC+級の面白さがあるからたちが悪い(笑)

まず日本のDVD版のパッケージの様なエイリアンは出てこない。
じゃあ姿形が似てないだけかというとそうでもなく、エイリアンというよりかはゾンビだ・・・。

そしてキューブなんてどこにも出てこない。
ただの閉鎖された研究施設だ。キューブみたいに、様々なトラップがある訳でもなく、なかなか外にでれないわけでもない。実際、登場キャラは外に出ている。

そしてジャンルだが、SFアクションに「多分」と付けたのは、途中から物語が急転するからだ。
そうなると、SFホラーアクションと言った方が良いかもしれないが、もう何が何だか分からないので、SFアクションでとりあえず良いと思う。

全く何故、日本で配給したときにこんなパッケージにしたんだろうか。
原作版はhttp://www.imdb.com/media/rm3828845312/tt1391579なポスタで全然テイストが違ってしまっている。
全く、JAROに電話しても良い位の食い違いだ。

と、辛辣な事ばかり述べてきたが、前述したとおりB級テイスト満載で、呆れながらも楽しく見れてしまう。戦闘員のとてもチープで手作り感全開のマスクなんか好感が持ててしまう。そしてB級にしちゃ、かなりマシンガンをぶっ放すのでなかなか面白い。

大抵の人がこの手の作品を観るときはある程度覚悟してから観ると思う。そしてその期待は裏切られる事無い。
時間つぶしに観るにはもってこいの作品だ。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ゾンビランド」

ゾンビランド  原題:Zombieland

00100.jpg

http://www.zombieland.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335210
http://www.imdb.com/title/tt1156398/

ゾンビ映画と思いきや、ゾンビをベースにしたアクションホラーコメディ。全米ではゾンビ映画史上、最高の興行成績を収めたらしい。

ある日突然、原因不明なウイルスの爆発的感染により、人やウシがゾンビ化がしてしまう。もうそこはアメリカ合衆国ではなくゾンビ合衆国(ゾンビランド)と化していた。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は自分で作った32のルールを厳守し生き延びてきた。そして彼の故郷コロンバス州へ向かう途中にタラハシー(ウディ・ハレルソン)と会い、加えて2人の姉妹のウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)とも出会う。2人の姉妹から自分の故郷は焼け野原だと聞いたコロンバスは、目的地を変更し、彼女たちの目的地であるLAのパシフィックランドを目指すのだが・・・。

ホラーとコメディーが良く融合されていて、ビックリしたり笑ったり、かつ上映時間も90分程度なので非常にテンポが良く楽しめる作品だ。そしてゾンビものに良くある、仲間が一人減り二人減り・・・というのは無く、主人公達と言っても主にタラハシーがガンガンに、とにかく片っ端からゾンビをブッ倒すので見ていて爽快だ。

ホラー的な部分では、スプラッター的な部分もちゃんと作り込まれていてリアリティがあったし、何より、ちょっとやそっとの事では驚かないワタクシが2度もビクッとしてしまうくらい、演出が上手かった。ホラー映画を観ても殆どこういう事は無いのだが、今回はやられてしまった。

一方でコメディーの部分では、小さい笑いから分かりやすい笑いまで色々あり、皆、声に出して笑ってしまうシーンもあった位だ。ワタクシはコロンバスとタラハシーが出会うシーンが大好きだw
ビル・マーレイもカメオ出演しており、ここでも彼のテイスト全開な笑いが起きる。

一見するとB級映画的なテイストなのだが、製作費も$2300万掛けられ、スタッフもかなりの面子(詳細は公式サイトを確認して欲しい)なので、練りに練られて狙った作品だという事が見てとれる。
続編も同じキャストで、かつ3Dで予定されている様なので期待しよう。

上映劇場が少ないのが難点だが、ちょうど夏休みだし、ちょっと足を延ばして観ても損は無いと思う。

評価:★★★★★★★★☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ソルト」

ソルト  原題:SALT

00099.jpg

http://www.salt-movie.jp/

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335434
http://www.imdb.com/title/tt0944835/

アンジェリーナ・ジョリーが主演のスパイ・アクション作品。監督はフィリップ・ノイス。

CIA分析官であるイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)の前に、突然ロシアからの亡命者が訪れ、「大統領暗殺のため、ロシアからスパイが送り込まれた。そのスパイの名はイヴリン・ソルト」と告げる。これによりイヴリンは2重スパイの容疑を掛けられてしまう。夫の安否を気遣い、CIAの施設を脱出するが・・・。

今回は、いきなりネタバレ気味で進むのでご注意を。

まずストーリーが分かりづらい。冒頭の部分で「Today, A Russian agent go travel to NY city, to kill the President」としか言ってないので、3つの意味に取れてしまう。ロシアの大統領か、アメリカの大統領か、両方か。一番思いやすいのはロシアの大統領だろう。だとすると、ロシアのエージェントがロシアの大統領を暗殺する事が良く分からない。次にアメリカの大統領だが、その後の展開を考えるとここには行きつかないだろう。そして3つ目の双方なんてのは絶対に思いつかない。

なかなか派手なアクションもあり、面白いはずなのだが、要所でヌルいのでだらけて見えてしまう。例えばトレーラの上にいるイヴリンを撃つシーン。普通なら余裕で当たるでしょ、的な。

また、如何せん、アンジーの線が細すぎる。もう少し骨太じゃないとスパイ・アクションに見えづらい。
元々トム・クルーズが主役でやる予定だったものを、アクションはそのままにアンジーが担当したようなので、彼女には少々キツかったのかもしれない。確かにこなせてはいるものの、何かイマイチ。何か足りない・・・。
トゥーム・レイダーシリーズはそれなりに良かったのに・・・。

予告編で彼女が一体何者なのか見抜けるか?とあるが、要は2重スパイがどちらの国が本当なのか?という事だ。これはロシア大統領を暗殺するところが分かりやすいのだが、イヴリンの警官達の倒し方に注目だ。ここまでで彼女の立ち位置が分かっててしまう。

ちなみにソルトという名前だが、何か意味があるのかと調べてみたものの、特に大きな意味は無さそうだ。
IMDbのFAQにも書いてあるが、単に苗字だと。ただ脚本のカート・ウィマーは戦略兵器制限交渉が少なからず頭にあったのではないかと勝手に推定する。もし由来をご存じの方は教えて頂きたい。

予告編ではかなり期待していたのだが、少々分かりにくい設定と、原因不明のイマイチ感のあるアクションのため、残念ながら期待していた程では無かったのは事実だ。
どちらかというと、アンジーを見せるために撮られた作品という方がしっくり来る。
アンジーをとにかく見ていたい人には、間違いなくお薦めだ。歳を重ねるごとに、どんどん魅力的になる彼女をスクリーンで観れるのはファンにはたまらないだろう。

評価は、一般向けには★5、アンジーファンには★7 平均して6点です。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ



>>> 続きを読む >>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。