スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「わたしを離さないで」

わたしを離さないで  原題:Never Let Me Go

00165.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

カズオ・イシグロの同名小説が原作の、SFヒューマンドラマ。カズオ・イシグロは映画版でも総指揮を務める。
一見、近代を舞台にしたフィクションと思いがちだが、完全にSFとして創り上げられた世界である事は注意して頂きたい。出演はキャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、そしてキーラ・ナイトレイ。見ると分かるが完璧ともいえるキャスティングだ。

イギリスにヘイルシャムと呼ばれる全寮制で、完全に外界とは隔離された学校があった。ここでの生徒は異様なまでに徹底的な管理下に置かれる異様な学校であった。と一緒に育った、キャシー(キャリー・マリガン)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)、そしてルース(キーラ・ナイトレイ)。卒業し、コテージで暮らすことになった彼女達はある事実を知らされる・・・。

最初に、どう頑張ってもネタバレせずには書けない作品なので、内容を知りたくない方はスキップして欲しい。
ただし、ある程度内容を知っていた方が見易い部分もあるので、そこはお任せしたい。

-----------------------------------

この作品では、生きるとは何か、命とは何かを強烈ながらも静かに問う作品だ。それが、作品のヴィジュアルとは裏腹に、『アイランド』並みのSF設定で描かれる。

既に人類の平均寿命は100歳を超えている様な、医療革新が起きてる世界が舞台。その背景には、国が進めるドナー計画(National Donor Program)により、臓器提供する人間を造りだして、延命処置をすることだ。ヘイルシャムはその人間たちの学校で、良質な臓器を提供するため、厳格に健康管理とマインドコントロールがされている。

ストーリーは、彼女達3人が大人になり、ドナーとなり役目を全うするまでが描かれる。その様子は普通の子供となんら変わらず、恋もするし嫉妬もする。大人になれば愛し合い、もっと長く互いにいたいと感じ始めるが、残酷にも終わりは来る。普通は未来を見て生きるのに対し、過去を見て生きる彼女達が、何を想い、何を感じ、生きていくとは何なのかということを、優しいタッチでありながらも強く訴える。

ラストシーンのキャシーの言葉はとても重く、何とも言葉にできない気持ちだ。

間違えてはいけないのは、この作品ではドナープログラムの様な事の倫理を問うものでもないし、また、大人しく運命を受け入れる彼女たちに『アイランド』の様に、逃げてでも生き延びろという指摘は不要だ。あくまで生きるということは何なのか、ということを彼女たちの視点、そしてドナープログラムを実施する側の視点で描いている。もちろん、受け入れられない人も多いと思うが、できればそこは置いておいて頂きたい。

俳優陣はキャラクタ設定と完全にマッチし、素晴らしかった。キャシーは内に強い想いを秘めるタイプで、それをキャリー・マリガンは微妙な表情の変え方で存分に表現していたし、癇癪持ちでどこか壊れそうな危うさを持ったトミーをアンドリュー・ガーフィールドはその絶妙な話し方や表情の作り方が絶妙だった。ルース役のキーラ・ナイトレイはコテージで元気な時と、病院で弱っているときとで、あんなにも違った印象を持てるものかと驚いた。見た目といい、キャラ設定といい。彼女の底力を見せつけられた感じである。

子役の配役にも拘ったらしく、彼女達に似てる子供を学校に行って探したらしい。お蔭で大人になってもすんなり誰が誰だか分かったのでありがたかった。幼少の時代のシーンでは、キャシー役のイソベル・メイクル=スモールが、枕を抱えながらジュディ・ブリッジウォーターのNever Let Me Goを聞き、ルース役のエラ・パーネルが後ろから嫉妬心で見つめるシーンは、まさに生そのもので印象深かった。

今まで様々な「生きる」ことや「命」を題材にした作品は観てきたが、今までとは違う大きなインパクトをこの作品からは受けた。テーマとして重いし、万人に進められないかもしれないが、是非見て生きるとは何なのかを感じ、考えて欲しいと思う。

最後にIMDbでキャシーの台詞を見つけたので貼り付けておく。

I come here and imagine that this is the spot where everything I've lost since my childhood is washed out.
I tell myself, if that were true, and I waited long enough then a tiny figure would appear on the horizon across the field and gradually get larger until I'd see it was Tommy.
He'd wave. And maybe call.
I don't know if the fantasy go beyond that, I can't let it. I remind myself I was lucky to have had any time with him at all.
What I'm not sure about, is if our lives have been so different from the lives of the people we save.
We all complete.
Maybe none of us really understand what we've lived through, or feel we've had enough time.

評価:★★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>

スポンサーサイト

映画レビュー 「バウンティー・ハンター」

バウンティー・ハンター  原題:The Bounty Hunter

00164.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

ジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラー共演のクライム・コメディ。二人の息の合った演技がとても面白く、肩の力を抜いて観ることができる作品。監督は「最後の恋のはじめ方」アンディ・テナント

夫婦だったニコール(ジェニファー・アニストン)とマイロ(ジェラルド・バトラー)。マイロは離婚が原因で警官をクビになってしまい、賞金稼ぎ(バウンティー・ハンター)を生業としていた。ある日、指名手配に元妻のニコールの名前が。ここぞとばかりに追いかけるマイロだが、ニコールが関わってる事件には大きな秘密が隠されていた。

まさに娯楽コメディという言葉がふさわしい作品だ。クライム・コメディとは言うものの、クライムの部分は映画としてはそれほど大きな事件でもなく、市警の横領事件というレベルだ。その事件を追うために逃げるニコールと、仕事に没頭し、結婚生活が上手くいかなくなったニコールへの復讐と賞金稼ぎの為に追いかけるマイロ。この2人の追いかけっこがメインストーリーだ。

他の作品とユニークなのは、追いかけっこをする2人が、元夫婦で知った中であるということだろう。手の内の知り尽くしているし、情も湧く。だからかなりユル~イ追いかけっこになる。ここが評価の一つの分かれ目で、グダグダとヌルイと評価するか、イージーウォッチングとしてポジティブに受け止めるかだ。前者の場合は、その後、特にラストは全然受け入れなれないと思う。後者、ワタクシはこちらなのだが、ラストまでの展開も納得だし、リラックスして楽しめる作品と評価できると思う。

ニコールというキャラクターは、記者であり、仕事に情熱を注ぐ典型的なタイプだ。結婚生活も上手くいくわけも無い。そんなキャラクターをジェニファー・アニストンは上手く演じていた。大抵、こういうキャラ設定の場合、メチャクチャ早口で声がかん高くて、聞いてるとイライラしてくるものだし、ましてやコメディだと尚更なのだが、彼女の場合はトーンが低いのか、ちょっと落ち着いていて耳障りではなかったので好感が持てた。
ジェニファー・アニストンは決して若くは無いが、タイトで露出の多い服で頑張っていた。若さと大人の魅力がちょうどミックスされて良い感しだ。最近は映画の出演も増えてきているので、もっと活躍してもらいたい。

マイロは、とにかくニコールに恨みを持ってるキャラクタだ。元警官で腕利きと言われながらも、ギャンブルで大損してしまう3枚目。コメディにはぴったりな設定と言えよう。このキャラを演じているジェラルド・バトラーを見て上手いと思ったのは、何と言ってもあの笑い方だ(笑)あの笑いは、恨みを良く表している。シリアスな役のイメージが多い彼だが、本作ではコミカルな一面も見られとても興味深い。

緩い展開とハッピーエンド。まさに娯楽コメディにぴったりな内容だ。
疲れた時や笑いたいときにお勧めしたい。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」

特攻野郎Aチーム THE MOVIE  原題:The A-Team

00163.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

1980年代に日本でもTVシリーズが放映されていたが、ストーリーと俳優陣も一新し、オリジナル版として劇場公開された。劇場版はオリジナル作品と言えども、そのテイストや基本設定はほぼ完全に踏襲されているため、TVシリーズに馴染み深い人でも楽しみ事が出来る。

作戦参謀のハンニバル大佐(リーアム・ニーソン)、色男のフェイス(ブラッドリー・クーバー)、メカに精通し、怪力のるB.A.はアルファチーム、通称、Aチームと呼ばれ数々の作戦を成功させてきた。ある日、偽造紙幣の原版を取り戻す作戦に参加するが、将軍が殺され、原版も奪われ容疑者扱いされてしまう。自らの潔白を証明するため、天才パイロットのマードック(シャールト・コプリー)を加え、本当の犯人を追うのだが・・・。

TVシリーズを見てた人、ワタクシもそうなのだが、一番しっくりこないのが名前だ。B.A.とマードックだが、TVシリーズでは「勝手に」通称でコング、モンキーと名付けられていた。これがまたぴったりの名前だったので染み着いてしまっているので、そのギャップを埋めるのに多少時間を要する。

その他の基本設定はTVシリーズそのままだ。無実の罪で容疑者扱いになってしまうこと。持ち前の奇抜さと技術力で脱走し、真犯人を探すこと。作戦や対応力の臨機応変さはridiculousでありcrazyであること。これらはバッチリ押さえられ
ているので、安心して観ていられる。

キャラクタも俳優は変われど、元々のテイストは失われていないキャスティングであるため違和感を感じない。

TVシリーズとは時代も変わり映像技術が進歩している分、彼らの無茶っぷりもレベルアップしている。戦車で落下していくシーンなどは、予告編で観た時は、何となくおふざけな印象であまり好感が持てなかったのだが、本編で通して見てみると、バカっぽさも程よく、現代のAチームにふさわしいと言えるだろう。

Aチームは不思議な魅力を持った作品で、犯人扱いされてるのに正義の味方を貫くそのギャップが良かったり、毎回似た様な展開になると分っているにも関わらず、思わず見てしまう作品だ。いわばアクション物の水戸黄門と言っても良いだろう。劇場版でも、作り手は見る側がAチームと聞いて、何を求めているかちゃんと理解して製作しているととても強く感じられた。反面、それが良い面でもあり、Aチームという枠から出られない悪い面でもあるのだが。

一点、その枠からはみ出したところが劇場版であった。それは殺人シーンがあることだ。TVシリーズでは一切無かったのだが、敢えて付け足したのはあまり理解できなかった。最近の映画の殺人シーンと比べれば、インパクトは普通かそれ以下でしかないのだが、ここまでTV版のテイストを維持しようとしてるのならば、最後まで拘ってほしかった。

何にせよ、こういうスカッとする作品は最近少ないので楽しめるし、安心して観ていられる作品だ。SAWの様に毎年1本リリースされたら、きっと観るだろう(笑)

P.S.この作品だけはできればTV版声優の吹き替えで観たかった・・・。

評価:★★★★★★★★☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



どうしてもTV版のテイストが良いという方に





>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ツーリスト」

ツーリスト  原題:The Tourist

00162.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが共演するサスペンス。共演だけでCMがされているほどの2人が、ヴェネチアを舞台に事件に巻き込まれていく様を描いていく。

エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)はアレクサンダー・ピアースと指名手配犯との接点を持つ、国際的に警察からマークされる謎の女性。そしてアメリカ人であり、ヴェニスへ一人旅をしていたフランク(ジョニー・デップ)は、道中の列車内でエリーズと出会う。エリーズは警察を翻弄するためにフランクと旅を共にするが、思いも掛けずより大きな事件に巻き込まれていく・・・。

アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが共演するサスペンス。共演だけでCMがされているほどの2人が、ヴェネチアを舞台に事件に巻き込まれていく様を描いていく。

エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)はアレクサンダー・ピアースと指名手配犯との接点を持つ、国際的に警察からマークされる謎の女性。そしてアメリカ人であり、ヴェニスへ一人旅をしていたフランク(ジョニー・デップ)は、道中の列車内でエリーズと出会う。エリーズは警察を翻弄するためにフランクと旅を共にするが、思いも掛けずより大きな事件に巻き込まれていく・・・。

プロモから2大スターの共演を前面に押し出していて、2人が同じスクリーンに映る事はとても贅沢な事だという事はもちろん理解していた。では、その2人を擁して、どれだけ面白い話を見せてくれるのかと思いきや、何の変哲もない普通のミステリーでしかなかった点で、失敗作だと言わざるを得ないだろう。

かなりネタバレに近いので注意して頂きたいのだが、最大のポイントは、アレクサンダー・ピアースが誰かという事だ。観てる人の大半は、彼がそうに違いないと思うだろう。ワタクシもそう思ってた。何故なら、一向に彼の影すら映らないからだ。その時、こんな簡単なオチなんてあるはずは無いと思い、最後までアレクサンダー・ピアースの正体は明かされないまま終わるのか、と思いきや予想通りの展開に。これでは何の捻りも無い。

他に見せ場ばあるかというと、見せようとはしてるのは伝わってくるのだが、どうも緊張感とスピード感に欠け、今一歩入り込めない。特にアンジーが酷かったのは、殆ど動きが無いのだ。そして、MI6かスコットランドヤードの潜入捜査官なのだがスマートに対処するだけ。ソルトで見せたアクションは何だったのかと思いたくなる。

一方のジョニー・デップは久々にノーメークの御顔を拝見したのだが、何故か全然魅力的に映らない。しがない数学教師の役だからか、はたまたおどけた表情が作れないせいなのか分らないが、ジョニー・デップでなければならない理由が見つからなかった。ちょっと役者として致命傷かと感じたのは、屋根の上を走って逃げるシーン。もう仕草がどうみてもジャック・スパロウを連想させる。イメージが強い分仕方ないのだが、今後どういう作品に登場できるのか心配だ。

一点面白かったのは、イタリア語をしらないフランクは、スペイン語で受け答えするシーンだ。ありがとうのグラッツィエをグラシアスというシーンを始めとして幾つかある。ただこれも良く分からない字幕のせいで誰も笑う人がいなかったのが心残りだ。

ヴェニスを舞台に豪華絢爛な衣装やホテル、そして役者2人にも相当金が掛かってるだろう。投資の分、内容が付いてきたかというとそれはNoだ。言葉が悪いが、内容の薄さを金でカバーしてるようなイメージだ。それ故、映像的にはとても美しく、またアンジーも相変わらず良いスタイルで豪華な衣装を着こなし、見栄えはすこぶる良い。

主役の2人を見る目的ならばおススメできるが、ストーリーを楽しむという意味では厳しいだろう。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 原題:The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader

00161.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

C.S.ルイス原作による児童文学を映画化したファンタジー・アドベンチャー。
今回の旅は、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)とエドマンド(スキャンダー・ケインズ)の4兄弟の下2人が主役。
この2人に、居候先の家の子供のユーステス(ウィル・ポールター)とカスピアン(ベン・バーンズ)が加わり冒険を繰り広げる。

ルーシーとエドマンドは家族の旅行中、従妹のユーステスの家に預けられる事に。ユーステスとはウマが合わずいがみ合ってるさ中、壁に掛けてある船の絵が動き出し、3人はナルニアの海へ。カスピアンやリーピチープに助けられた3人は、7人の貴族を見つける冒険に同行する。

前2作はファンタジーとしては面白く、つい見入ってしまったのだが、今回はストーリー展開に大きな問題を抱えてしまっている。あらすじを文章で書くと面白そうに思えるのだが、まるでストーリーボードを見ているかの様に話に何の重みも無いまま進んで行ってしまう。

いきなり船に乗ってしまうところは仕方ないとして、見えない館や簡単に見つかる7人の貴族と7本の剣。そして心が試される霧。全て導入は良くてもあっさり終わってしまい、観終わって何も残らないのだ。何故こんな展開にしたのだろうか。原作にこだわり過ぎた結果なんだろうか。理由は良く分からないが非常に勿体ない。

極めつけはラストの大ボスになるう巨大ウミヘビだ。心に思ったものがそのまま形になる・・・。そうゴーストバスターズのマシュマロマンと同じ展開だ。何かはっきりしたボスの方が分りやすく良かった気がする。どうせナルニアだ。想像上じゃなく、リアルに巨大ウミヘビがいても何も驚きゃしない。

ストーリーと裏腹に、相変わらずキャラクターは魅力たっぷりだ。
もう同じみの兄弟や、小さいネズミだが勇気と愛嬌があるリーピチープ。そして今回から加わったユーステス。ある意味本作は彼のためにあると言っても良い。序盤の嫌な奴から、ドラゴンを経て仲間との信頼関係を得て、掛け替えのない仲間になる過程が描かれる。ここは観ていてファンタジー「らしい」ところだし、見どころの一つだろう。

やはりこう思い直してみても、足早のストーリーや今回の舞台は船上が多かったので、キャラクタの個性を使い切れなかった感は否めない。そして誰をフォーカスして観てればいいのかはっきりしなかった。これも物語が薄っぺらく見えてしまう要因だろう。

最後に3Dだ。3D自体は強くなく、手前の人物を若干飛び出し気味に見せることで奥行き感を出しているのだが、これはあまり効果的ではないように思えた。本作は広い海が舞台だったのだから、アバターの様に奥行き感を強く出す3Dの方が、航海の厳しさなどが出て良かったのではないかと感じた。

記憶が正しければ全3部作で制作されたはずなので今回がラストだと思いきや、エンディングではユーステスが中心となって続編がある様な含みがあった。ナルニアファンは要チャックだ。

かなり酷評したが、前2作の出来から比べるとこの評価は致し方ないのではと思う。
もし続編があるのならば、原点に立ち帰って欲しいと切に願う。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。