スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「4デイズ」

4デイズ  原題:Unthinkable

00246.jpg


年内執筆中




スポンサーサイト

映画レビュー 「スリーデイズ」

スリーデイズ  原題:The Next Three Days

00245.jpg


年内執筆中




映画レビュー 「アジョシ」

アジョシ  原題:The Man From Nowhere

00244.jpg


年内執筆予定



映画レビュー 「ラビット・ホラー 3D」

ラビット・ホラー 3D

00243.jpg


年内執筆予定



映画レビュー 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

世界侵略:ロサンゼルス決戦  原題:Battle Los Angels

00242.jpg


年内執筆予定



映画レビュー 「サンクタム」

サンクタム  原題:Sanctum

00241.jpg

年内執筆予定




映画レビュー 「探偵はBARにいる」

探偵はBARにいる

00240.jpg

年内執筆予定



映画レビュー 「エッセンシャル・キリング」

エッセンシャル・キリング  原題:Essential Killing

00239.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

殆どのセリフを廃し、アメリカ軍から生きるためだけに大自然の中を必死に逃亡するアラブ兵の姿を強烈に描いたサバイバル・アクション。主演はヴィンセント・ギャロ。監督にイエジー・スコリモフスキ。ヴィンセント・ギャロは2010年のヴェネチア国際映画祭にて、審査員特別賞と主演男優賞をダブル受賞。

 アフガニスタンにて米兵に追い詰められ殺害したことで、米軍によって拘束されたムハンマド(ヴィンセント・ギャロ)拘束された際、聴力を失ってしまい尋問に対し応答できなかったため、黙秘と間違われ激しい拷問をされてしまう。しかし移送中に事故に会い、脱走に成功する。見知らぬ土地をただただ生きるために逃げ続ける・・・。

異色ながら、生きることへの執念を感じさせてくれる作品だ。そしてこれも一つのイラク戦争であり、米軍への批判めいた内容も含まれている。

特徴的なのは、登場人物の殆どにセリフが無く、ただひたすら本能の赴くままに逃走を続ける事をメインに描いていることだ。セリフが無いことで、演技力だけで事態の深刻さや、生き延びようという執念を表現する必要があるが、この点に関しては十二分に素晴らしかった。ムハンマドの母国での境遇については一切語られていないが、誰もが彼の生への執念を感じ取れるだろう。

しかしもうダメだというところで、マーガレット(エマニュエル・セニエ)よって助けられる。彼女の助けられたことで緊張の糸が切れたのか、ここを境にムハンマドの心が折れてしまった様に映る。今まで何が彼をそこまで執念の逃走に突き動かすのか、何のために生き延びようとしているのかは正確なところは分からなかったが、ここから推定できるのは、彼が求めていたのは人の真の優しさだったのかもしれない。

難点も幾つかある。やはりセリフが無いという事と、終始目的のない様に見える逃走劇に終始するというところだろう。単にこれだけでは確かに何を言わんとしがたいのか不明だが、タイトルの意味を理解すると幾分ハッキリする。「エッセンシャル・キリング」とは直訳すると「必須の殺生」となるだろうか、登場人物にとって必須の殺生が何かということになる。どんなに空腹でも野生動物を狩らず、木の実などでしのぐムハンマドと、まるで狩りをするかの様に戦争をする米軍との強烈な対比だろう。エッセンシャル・キリングというキーワードとムハンマドの逃走劇を通じて、今世界で起きてる戦争、なかでもアメリカへの痛烈な批判がされていると感じた。

とても特徴的な作品でまたそれが異質な部分でもあるのだが、とても興味深い作品だ。一度は観ておいても損はないだろう。

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ハンナ」

ハンナ  原題:Hanna

00238.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

ある男に一人の少女が暗殺者として育てられ、16歳に成長したある日、ある男の元同僚のCIA捜査官への復讐を描く、アクションサスペンス。「ラブリー・ボーン」のシアーシャ・ローナンが本格的なアクションを学び、派手なアクションシーンを自らこなしていることで話題になった。共演はエリック・バナ、ケイト・ブランシェット。監督はジョー・ライト。音楽にケミカル・ブラザーズが起用されたのも話題に。

元CIA工作員の父にフィンランドの山奥で人知れず育てられた16歳の少女、ハンナ(シアーシャ・ローナン)。父の持つ全てを注ぎ込まれ、あらゆる戦闘能力を身につけていた。そんなある日、外の世界への興味が断ち切れず父のもとから旅立つことを決意したハンナ。父はそんな娘に、かつての同僚であるCIA捜査官マリッサ(ケイト・ブランシェット)に命を狙われる、 “彼女に殺されるか、お前が殺すかだ”と忠告するのだが…。

素材としては面白いのだが、如何せん全てが中途半端な印象だ。昨年のキック・アスで活躍したクロエ・グレース・モレッツに続けとばかりに、派手なアクションを売りにシアーシャ・ローナンが果敢にチャレンジしたものの、どうにも攻撃が軽く見え、とても暗殺者には見えなかった。

また本作は単なるアクションだけでなく、ハンナの生い立ちという重要なファクターも備えている、むしろここが全てのトリガーになっているはずなのだが、仮にこの件が無かったとしても、ストーリーの盛り上がり方に影響があったとは思えないほどの扱いであったのが非常に勿体ない。

音楽も何故ケミカルなのか、この本作の情景描写にテクノを合わせようという発想が理解できない。BGMが浮き気味だったというのが正直な印象だ。トロンのDuft Punkは作品の世界観と彼らの音楽性がマッチしているので良い相乗効果が得られたが、本作のコンビネーションは謎だ。

作品としては一定ラインを越えているので、そこそこ楽しめるのだが、これ程のスタッフを集めてこの内容となると辛辣な感想を書きたくなってしまう。ポテンシャルとしてはもっと上質な作品になるだろう。そういう意味ではタイトルコールの見せ方含めインシディアスと共通している。ワタクシはジョー・ライト監督、シアーシャ・ローナンとも本作で新境地を切り開いた。もうやめた方が良いと取る意見もあるだろうが、ワタクシは敢えて将来の期待も込めてこの評価とした。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>

映画レビュー 「ゴーストライター」

ゴーストライター  原題:The Ghost Writer

00237.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

ロバート・ハリスの同名ベストセラーを「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が映画化したサスペンス。自叙伝を発表する元英国首相にゴーストライターとして雇われた主人公が、国家を揺るがす秘密に迫ったばかりに、大きな陰謀に巻き込まれていく様を描いていく。主演はユアン・マクレガー。共演にピアース・ブロスナン。

 イギリスの元首相アダム・ラングの自叙伝の執筆のため、フェリーから転落死した前任の後釜を務める事になった一人のゴーストライター(ユアン・マクレガー)。乗り気でないが高額オファーのため、ラング(ピアース・ブロスナン)が滞在するアメリカ東海岸の孤島へと向かう。前任の仕事を整理しながら執筆を進めていく中で、ラングに対する疑惑が浮かび上がる。前任の死を含め謎に迫ろうとするゴーストライターだったが・・・。

舞台がアメリカでありながら、イギリスの様な終始薄暗い雰囲気はポランスキーならではといったところだが、作品そのものは至って普通のサスペンスでしかなかったという印象だ。

主人公は今明確な役名が無く、単にThe Ghostとされるだけであるため、以下ゴースト記す。彼がゴーストとなり、ラングのところまで行き、ラングにテロ容疑者への拷問容疑がかけられ、それを切っ掛けにゴーストが調査を開始するのだが、ここまでの件が長すぎて少々飽きてしまう。

そして調査を進めるにつれ、ゴーストの身にも危険が迫るのだが、それほど差し迫った様に感じられない、というか何故か犯人側から本気でゴーストを殺そうという気迫が感じられないのだ。これは終始薄暗さに包まれた田舎町の光景が、緊迫感をモノの見事にスポイルしてしまっている様に感じた。全てのトーンが同じに見えてしまうのだ。薄暗い雰囲気はサスペンスらしい重苦しさを醸し出す一方で、思わぬ副作用があったというイメージだ。

謎解きにあたる部分も、結論ありきで無理やり合わせこんだ印象を受けた。原作は読んではいないのだが、謎自体がオールドファッションな上にご都合主義がかなり強く出ている。そう、とにかく全てが古臭い。それはそれで良い面も多いし、サスペンスはとても難しいジャンルだという事も理解している。しかし、それでも近代のサスペンスと比べるとどうしても見劣りしてしまう。裏を返せば、それだけ安心して見てられるという事ではあるのだが・・・。

だいぶ酷評になってしまったが、それまでの伏線がしっかり一つにまとまるラストや、一連のシークエンスには無理はあるものの破綻などなく、抑えられているので及第点は十分とれていると感じた。また、BGMは良く出来ており暗い作風にピッタリな曲調で、古さの中に新しさを感じる不思議な魅力をもった音だ。典型的なサスペンスが好きな方にお勧めしたい。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





>>> 続きを読む >>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。