スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「終の信託」

終の信託

00379.jpg

【公式サイト】  【allcinema】

【ほぼ140字コメント】
正直きつかった。尊厳死がどうとか薄いし、最後の草刈民代の一言聞くまで、役所広司に対するスタンスを完全に勘違いする流れで驚いた。ラブストーリーでもないし哲学でもない、ただ静かな長尺を見せられた印象。こちらも脳死してる時間が長かったんで正しいかどうかは良く分からないけど。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆







スポンサーサイト

映画レビュー 「危険なメソッド」

危険なメソッド  原題:A Dangerous Method

00378.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
キーラ・ナイトレイの変顔にまず驚く。それはそれとして、学者の持論合戦がベースになっているので、学術的な喋り方が苦痛でなければ面白いし、慣れてないと堅苦しくて仕方ないかも。理屈と感情に挟まれ、何とか論理的に理解しようともがき、自己の板挟みに合う学者の行動は共感できる。

評価:★★★★★★★☆☆☆







映画レビュー 「アルゴ」

アルゴ  原題:Argo

00377.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
冗談みたいなこの作戦を本当に実行したのだから末恐ろしい。それに加えて、会議で出てきた作戦案が、どう考えてもふざけてるとしか思えないのだが、それを真剣に論議してる様を見てニヤニヤしてしまった。作品の内容もそうだし、本作の作り方もそうなのだがリアリティをとことん追求した作品はやはり良い。

評価:★★★★★★★★☆☆







映画レビュー 「籠の中の乙女」

籠の中の乙女  原題:Dogtooth

00376.jpg

【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
何故こんな事をするのかは問いてはいけない。この狂気とも家族への歪曲した愛情とも受け止める事が出来るこの父親の愚行と、その家族の行動を、人の常識とは何か?を考えながら観るととても興味深い。籠の中の鳥は籠の中でしか生きる事ができないのか、それとも解き放たれても強く生きるのか。愚作と傑作を紙一重で行ったり来たりするイメージな作品。

評価:★★★★★★★☆☆☆





映画レビュー 「ザ・ウーマン」

ザ・ウーマン  原題;The Woman

00375.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
観る人を選ぶがこれはなかなかヤバイ。ネタバレしてしまうので書きづらいのだが、野生の女も凶暴なら、家族、特に父親も相当なもんだというこのバランス感。そしてどうラストを迎えるのか予想できない展開は期待と不安が入り混じる。ただしもう一度言うが、観る人を選ぶ作品。グロが大丈夫な方に。

評価:★★★★★★☆☆☆☆







映画レビュー 「エクスペンダブルズ2」

エクスペンダブルズ2  原題:The Expendables 2

00374.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
全員大活躍でやってくれた!と思うのが冒頭だけで、物足りない印象。後半にもそういったシーンはあるにはあるが、冒頭には及ばず。色んなジョークやチャック・ノリスの完全ネタ的な部分はたまらなく面白い事は面白いのだが、「主役級キャラが勢揃いして活躍するのがエクスペンダブルズ」と考えると、期待値との乖離が大きかった。

評価:★★★★★☆☆☆☆☆







映画レビュー 「メゾン ある娼館の記憶」

メゾン ある娼館の記憶  原題:L'Apollonide(Souvenirs De La Maison Close)

00373.jpg

【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
20世紀初頭に於ける時代変遷に伴う、パリの娼館を描いた作品。そのテーマも映像美も素晴らしいが、展開がゆっくり過ぎて眠くなるのが大きな難点。しかしジョーカー誕生の瞬間的なシーンが観れるのと、その女性の生き様がまた切ないのがグッとくるものがある。

評価:★★★★★★★☆☆☆







映画レビュー 「推理作家ポー 最期の5日間」

推理作家ポー 最期の5日間  原題:The Raven

00372.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
パッとしない。ジョン・キューザックがいまいちパッとしなかったりするのも一つの理由だが、何よりストーリーが、そこそこの盛り上がりのイベントをただこなしていくと消化試合の様な展開で、見せられている感がとても強い。もっと話を絞れば、凄く面白くなると思うので非常に勿体ない。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆







映画レビュー 「アウトレイジ ビヨンド」

アウトレイジ ビヨンド

00371.jpg

【公式サイト】  【allcinema】

【ほぼ140字コメント】
登場人物全員悪人に終止符が打たれる。前作の作風はそのままだが、毒々しさは前作より若干薄れた感じ。本作で注目したいのは加瀬亮。恫喝からビビリまでとても幅の広い演技が繰り広げられる。それと小日向文世、前作から話の軸であり、このキャスティングには唸るばかり。海に沈んだりする潰れる車が全て古めなのはご愛嬌。

評価:★★★★★★☆☆☆☆







映画レビュー 「エージェント・マロリー」

エージェント・マロリー  原題:Haywire

00370.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

【ほぼ140字コメント】
完全に好みの分かれる作品。比較的淡々と進むストーリーと、それを助長させる長回しが、非常に退屈という意見が多かった。しかし自分的にはそれがリアリティが高く、叙情的に感じ、傑作とは言えないが間違いなくポジティブな評価を下す作品。最近のソダーバーグ監督と相性が良いだけかもしれない。

評価:★★★★★★★☆☆☆








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。