スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「フローズン」

フローズン  原題:Frozen

00103.jpg

http://frozen-movie.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=337000
http://www.imdb.com/title/tt1323045/

新鋭のアダム・グリーン監督と、SAWシリーズの制作総指揮を務めたピーター・ブロックによる、ソリッド・シチュエーションスリラー。

極寒のスキー場で、3人の男女が日曜日の夜の最終リフトに無理を言って乗り込む。係員の手違いにより置き去りにされたまま、スキー場は終業してしまう。このスキー場は週末だけの営業のため、次にリフトが動くのは金曜日。追い詰められた3人の男女は・・・。

まず言いたいのは、非常に恐ろしい、と言うよりもホントに見たくないグロさが全開だ。


スプラッターものとかホラーやスリラーを観てもまず動じないワタクシが、恥ずかしながらも手に汗をいっぱいかきながら、デニムを握りしめていた(汗)

置き去りにされた状況から3人は何とか逃げ出そうとする。脱出を試みた方法や、それぞれに起きた痛々しい内容は違うし、スプラッターものなどと比べても、その痛い映像の派手さで言えば地味な部類だと思う。しかし、とにかく全てがリアルすぎて、観てるだけで痛みが伝わってきてしまいそうな感じだった。

この作品の全てはここにある。

ところどころ細かいツッコミを入れたくなる部分はあるのは事実だ。
多分ワタクシならもっと色々な助かる手立てを考えるだろう。
ただそういう細かい事は置いといて、純粋に楽しむ事をオススメする。

かなり短いが、これ以上書くと完全ネタバレになって面白くないので、今回はこの辺で止めておく。


評価:★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/103-4a0caf95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。