スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「パンドラム」

パンドラム  原題:Pandorum

00115.jpg

http://www.sonypictures.jp/movies/pandorum/

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=337855
http://www.imdb.com/title/tt1188729/

ちょっと分類が難しい作品。SFホラースリラーと言ったところか。いろんな要素が詰まっている。
そして個人的にはもう少し評価されても良い作品だと感じた。
本国の興行成績は予算回収もままならないのだが、内容はなかなか緊張感があり面白いものだった。

製作はバイオハザードのW・S・アンダーソン。監督は新鋭のクリスティアン・アルヴェルト。

西暦2174年。地球は資源の枯渇から滅亡の危機に瀕していたが、そこへ地球と良く似た惑星タニスを発見する。人々はここに移住するため、6万人の乗員と2000万種のサンプルを積み、タニスへ出発する。しかし、冷凍睡眠から目覚めたバウアー(ベン・フォスター)達が見た物とは?今自分たちの置かれた状況は?冷凍睡眠の副作用で記憶が無い彼ら。そして徐々に明らかになる真実とは・・・。

まず、この作品は色々な要素が詰まっている。SFがベースで、それにスリラー要素が加わった部分、そしてホラー要素の部分。大きくはこの2本立てでストーリーが並行して進んでいく。ホラーものの場合、大抵の場合はゾンビなりなんなりの未知の生存体的なものがいて、これは本作も漏れずに同じである。ただ一般的には、それがどこから来たとかあまり触れられないが、本作はそこに理由があるところがユニークである。

スリラーとホラーの要素については、基本的にペイトン(デニス・クエイド)側がスリラー。バウアー側が主にスリラーなので、一応住み分けがされている。この認識がないとごった煮になってしまいがちになるので要注意だ。

全体のストーリ、特に後半の流れがそれなりに自然で紛糾するようなことも無い。
確かに、終始船内のシーンで構成されるのと、敵役がエイリアンなどと比べると小さくまとまってしまっている感は否めず、終始狭い宇宙船の中で、小競り合いが続いているとも取れなくない。
しかしこの閉塞感はラストへの布石だと考えれば納得もいく。

し冒頭から続く妙な緊張感やスピード感はかなりエキサイティングだし、またそれが話が進むにつれ増長していくところが面白い。逆にこの緊張感は、その狭い行動範囲だからこそ生まれるものではなかろうか。

こういう事を総合的に鑑みれば、それなりの評価がされても良いような気がするが、現在の評価(本国での興行成績)は低すぎると個人的には感じる。

上映館数から想像する人気の無さはちょっと不安になるが、とりあえず観てみる事をオススメしたい。
(責任は持ちませんが(笑))

評価:★★★★★★★★☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/115-72d4db8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2010/10/05/01:54 | 未完の映画評 | 【映画評】パンドラム 6万の民を乗せた巨大宇宙船で冷凍睡眠から目覚めた船員が遭遇した恐怖。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。