スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ナイト&デイ」

ナイト&デイ  原題:Knight and Day

00116.jpg

http://movies.foxjapan.com/knightandday/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=336078
http://www.imdb.com/title/tt1013743/

普通であれば、冒頭で出演者や監督、ジャンルを言ってから本編に入るのだが、この作品はジャンル分けが難しい。というのも、このジャンル分けで評価が変わるんじゃないかと考えているからだ。allcinemaはアクションエンターテインメント、Movie Walkerはアクションコメディと分類している。ワタクシはアクションラブコメと分類したい。あくまでラブコメで、そこにアクションがベースで話が進んでいくというパターン。

ジューン(キャメロン・ディアス)はボストンへ向かう途中、空港でロイ(トム・クルーズ)と出会う。同じフライトになった二人。ジューンが化粧室から帰ってくると、平然としているロイ。だが乗客は・・・。ロイはエージェントで告白し、大切なある物を守っていると告白する。ここから二人のドタバタ劇は始まり、ジューンのピンチには必ず駆けつけて救出するロイ。そんな二人の結末は・・・。

冒頭でジャンル分けが重要と述べ、ワタクシはアクションラブコメと分類した。これを単にアクションものとしてしまうと、確かにアクションの要素は非常に強いのだが、BGMに緊迫感が無く、どこか間が抜けている感じがする。特に前半部分はそうだ。だからアクション自体もすこしつまらなく映るかもしれない。ミッションインポッシブルや007もスパイアクションのスパイスとして、ラブが入っているだけで、主体がアクションである事は間違いないのだが、本作はあくまでもラブコメ主体なので、わざとBGMもそういう選曲にしたのだろう。

肝心なストーリーは、もうベタベタな古典とも取られ兼ねない展開なのであまり語る必要も無いのだが、時折あるトムとキャメロンの掛け合い漫才的なコメディは観てて思わずニヤリとしてしまう。

途中ジューンが意識を失ってその先うやむやっていうシーンが2度(だっけな)ある。その直前から推定すると有り得ない状況で目が覚めたりするのだが、そこはもうご愛敬というしかなかろう(笑)

何度もいうが、ラブコメなので多少その辺は気にしなくても良いのではないかと個人的は思います。それにラストへの伏線になっているので、そう考えればなかなか面白かったです。

この作品の一番の失敗は、予告編の出来が良すぎてしまい、とても高い期待を持たせてしまった事じゃないだろうか。本編観て感じましたが、ほんとにエッセンス詰め込み過ぎ。もう少し手を抜いても良かったのでは・・・。
まぁトム好きは普通にトムを見れば良いし、そうでない人も普通に肩ひじ張らず観れば結構楽しめると思います。

ラストシーンはかなり好感が持てました。なかなかこれほどのまとまりを見せるラストって最近無かったのでは?まぁベタネタなストーリが成せる業なのかもしれないが。

ちょっとwith me, without は流行らせたいかも(笑)

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/116-7f5eeccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。