スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ソウ ザ・ファイナル 3D」

ソウ ザ・ファイナル 3D  原題:Saw 3D

00117.jpg

http://saw3d.asmik-ace.co.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=337511
http://www.imdb.com/title/tt1477076/

ハロウィンの季節の映画といえばこのソウだったのだが、2004年の衝撃的な公開から数え7作目の本作で遂にシリーズが完結する。

テーマは前作から変わらず、最後の後継者は誰なのか、最後にゲームオーバーを言うのは誰なのか、だ。

前作の感想でも書いたのだが、かなりストーリー的に引っ張ってしまっているため、物語の核心に関する部分の進みが非常にゆっくりだ。そしてどう考えてもグロさを見せるためだけに取ってつけられた(実際は伏線はあるのだが)幾つかのゲームを交えながら少しずつ物語は核心に迫っていく。

今回は申し訳ないのですが、ネタバレせざるを得ないのでご容赦ください。

ストーリーはホフマン vs ジルの様相で進んでいく。ジルが仕掛けたデバイスを上手くかわしたホフマン。その仕返しにとジルの命を狙う。一方ジルはホフマン殺害に失敗し自分の命を守るため、FBIに全てを話す代わりに身の安全を要求するが・・・。

それと並行して行われた2つのゲーム。
人種差別をしていた連中に対する、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクが考えそうな連鎖式トラップのゲーム。
そしてもう一つはゲームに参加して無いにも関わらず、生還者と偽っていたペテン師に対する、廃墟の病院をまるごと一つ改修した大掛かりなゲーム。

今まで大きく違うのは、ゲームが被験者の更生(されてるかは定かではないが)のためではなく、ホフマンの手段として使われていることだろう。この辺の話の展開のうまさとスピード感はさすがソウシリーズなのだが、本作ではらしくない演出が多数存在する。というか殆どが突っ込みどころ満載だ。

・ホフマン一人だったとしたら、どうやってあの4人の人種差別の連中を運んできたのか。
・なんであんなに手のこった連鎖トラップをやらなければいけないのか。
・ジルは警察署でホフマンに襲われたとき、どうして倒れてる警官のピストルを奪わなかったのか。
・閉鎖病棟の女はなんであんなに騒ぐのか。
・喉を刺されたり目を刺されたりするだけ即死するのか。
・床が抜けてる階で、どうやってホフマンは向こう側まで男を連れてったのか。
・ペテン師があれだけ必死に抜いた歯にどうやって番号をマジックで書いたのか。
・ペテン師の嫁はあのままチェーンを思いっきり引っ張るのが一番早かったのではなかったのか
・ペテン師の嫁を焼くためにあれだけの檻を作ったのが涙ぐましい
・ペテン師はチェーンを登る際に、着てたシャツやズボンに引っかけられなかったのか。
・そもそも引っかけないで、靴履いてんだから乗れば良いんじゃね?

とまぁこんなにあるわけですよ。
どうもこの辺がシリーズらしくないんですよね・・・。

しかしここまではまだ甘い。
前作では、ジルが真の後継者だと思ったのですが、終わり際にゴードンの名前が出てきてまさかとは思ってたのですが・・・。

一番のツッコミどころは、ゴードンが後継者(協力者)だったってこと。
自分の足を切断する羽目に追いやられた人のために、何でここまで協力するかね!?

3作目辺りから、恐怖よりもグロさが目立ち、最後はツッコミどころ満載な作品になってしまいはしたが、まぁまがいなりにもロングシリーズを制作した事は称賛しよう。

最後に、本作に於いて3Dは全く意味がない。基本は建屋の中で話は進むので奥行き感も不要だし、血が3D飛び散っても逆に不自然さを感じる。
完全に興行収入を上乗せする以外、メリットは感じられなかった。

最後ソウ6、そして本作と最後少々間延びした感はあったが、全体を通してシリーズとして楽しめたし、毎年の楽しみでもあった。そんな作品にワタクシからもこの言葉を送ろう。

「ゲーム・オーバー」

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/117-6e851827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。