スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「エクスペリメント」

エクスペリメント  原題:The Experiment

00125.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

es[エス]のハリウッドリメイク作品。監督はプリズン・ブレイクのポール・T・シュアリング。実際に行われた心理実験を元に、人間の置かれた場所による心理状態の変化を生々しく描いたサイコ・スリラー。

トラヴィス(エイドリアン・ブロディ)はリストラされて間もなく、一人の女性と出会う。インドに行く彼女と同行したいのだが、彼にそんな余裕は無かった。しかし、ある新聞広告でに日当1000ドルの被験アルバイトを目にする。それは看守と囚人に分かれ、2週間をそれぞれの役割に従って生活することだ。報酬欲しさに参加するのだが・・・。

人間の本質を問う作品である。至って普通の人間や、何かに依存している人間、普段は抑圧されている人間が、ある特異な環境で、普段と全く違うロールを与えられた時、人はどう変わるのか。それまでの人格を保つことができるのか。それを赤裸々に描いていく。

最初はそれぞれがぎこちなくも、慣れて自信を持つことによって看守側は自分が本当の看守に。囚人側は看守からの体罰により恐怖心を植え付けられ、支配下に置かれていく様が良く描かれている。特に看守側のバリス(フォレスト・ウィッテカー)の豹変っぷりは目を疑う。極限状態に置かれると、人はここまで正義感や倫理感が狂い、ここまで変わるものかと思うと本当に怖い。

ある意味、それはどんな環境でもそうだ。家庭を初め、職場や学校、サークルなど、全てにおいて人は豹変する可能性を秘めいていると受け取れる。職場や学校で席を並べて座っている隣の人も、実は本性は全く違う人間かもしれないってことだ。人を見る目が変わってしまいそうだ。

この作品はあまり文章で書いても伝わらないので、興味も持たれた方は是非作品を鑑賞して、この人間の変化を疑似体験してほしい。

エスとの比較だが、別の作品と言って良いかと思う。ストーリー的には同じでもも雰囲気が全く違う。特に監視側がカメラのみで一切出て来ない事が、牢獄の重苦しさやただ事ならない事が行われている感が伝わってくる。囚人や看守の微妙なパワーバランスの描写は、さすがポール・シュアリング監督と言ったところか。プリズン・ブレイクのヒットは伊達じゃない。それとラストシーンはこちらの方が全然好きですね。

好みが分かれるかもしれないが、人間の本質とは何かを考えながら観ると、なかなか面白い作品である。
まぁまずないと思うが、デート映画じゃないのでご注意を。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/125-fb73baf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。