スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「10 Best Movies 2010」

10 Best Movies 2010

00133.jpg

本ブログ、No Movie, No Lifeが独断で決定する、2010年のBest10作品。

今年は、劇場、DVD、新作、旧作合わせて84本観ました。
若干少ないのは、10月に仕事が忙しかったのと、年末バタバタしてしまったのが理由ですね。

選定は、今年上映された作品を対象に選んでいます。
基本的には10★や9★が付いた作品の中から選定することになるのですが、8★とボーダーな作品もあるので、その辺の基準は多少曖昧になっているのでご勘弁を。

では、さっそく発表しましょう!

1位 : キック・アス

2位 : インセプション

3位 : マイレージ・マイライフ

4位 : 恋するベーカリー

5位 : 第9地区

6位 : 悪人

7位 : ビッグ・バグズ・パニック

8位 : 告白

9位 : ゾンビランド

10位 : フローズン

まず1位のキック・アス。これは12月に現れた話題作。海外での前評判が高い割に、日本では上映館数も少なくこじんまりしたスタートだったが、初日は立ち見が出るくらいの盛況で、今も上映館数が徐々に増えている。この作品の面白さは、ブラックジョークや、思い切ったアクションはもちろんだが、笑いと緊張感の境界線を行ったり来たりして笑ったり息を呑んだりするところだろう。ストーリー的には大したことないかもしれないのだが、何よりも批判を顧みず、思ったことをやり切ったことを評価したい。

そしてキック・アスに土壇場で逆転された2位のインセプション。この作品はとにかくその世界に見ている側が完全に引き込まれてしまう所が魅力だ。そして一時も目を離せないスピーディでスリリングな展開。ここまで脚本はなかなか無いだろう。そしてばっちりはまるBGMもポイントだ。とにかく頭をフル回転しないといけない作品は脳を刺激されるので大好きだ。

3位はマイレージ、マイライフ。つくづく人生を考えさせられる作品。以外に地味だし、リストラ屋が主人公だったりしてパッとはしないのだが、持ってるメッセージ性はかなりのもの。特に、30代以上にはグッとくる問いがそこには待っている。大人にぜひおススメしたい。

4位以下は大混戦だ。ジュリー&ジュリアよりもメリル・ストリープの良さが存分に出ていた恋するベーカリー、宇宙人が支配される側で、かつ人種問題とも絡めた異色の第9地区、邦画では悪人、告白。この2作品は好みが分かれるところだと思いますが、物語としては面白かったです。

そして、注目したいのが7位のビッグ・バグズ・パニック。ただのアホくさいB級かと思いきや、ストーリーは良く練られていて、思わず見入ってしまう作品。設定や特殊効果はB級そのものなのだが、その他は直球だ。こういう作品は是非増えてほしい。

それと9位のゾンビランド。これもB級テイスト全開なのだが、ホラーとコメディが融合された面白い作品だ。コメディ要素があるとホラー部分は手抜きされてそうだが、この作品ではその心配はないだろう。

最後に10位のフローズン。絶対に心が折れます。もう止めようよ、と本気でちょっと思った作品だ。リアリティのある怖さを求める方には是非。


如何でしたでしょうか?

少しでも共感頂ければ幸いです。

2011年も映画ライフは満喫していくつもりです。

では劇場でお会い致しましょう!w

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/133-134f3bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。