スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「縞模様のパジャマの少年」

縞模様のパジャマの少年  原題:The Boy in the Striped Pyjamas

00138.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

ナチスのユダヤ人強制収容所を舞台に、史実で起きた人種差別による大量虐殺の悲惨さと、その事実を知らぬ少年たちの純粋な友情を描いたヒューマンドラマ。

ナチス親衛隊の父親を持つブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、父の昇進のため、ベルリンから郊外の片田舎へ引っ越す。異様な雰囲気に包まれている新しい家からは、有刺鉄線で囲まれた「農場」と、そこで働くストライプ地の「パジャマを着た人達」をブルーノは目にする。その農場でブルーノは、有刺鉄線越しに同じくパジャマを着た同い年の子供、シュムール(ジャック・スキャンロン)と出会う。何も知らない彼らの間に友情が芽生えていくのだが・・・。

今まで色々な作品でユダヤ人の大量虐殺は映画化されており、その殆どは直接的な悲惨さを訴える作品だったが、本作はキャッチコピーにもある様に、無心な少年たちの友情から引き起こされる事件から、人種差別や大量虐殺を提起している点が新しい。

やはり印象的なのは、ブルーノとシュムール、この二人の圧倒的な目力だ。
だれが見ても彼らの目に疑心暗鬼という言葉を感じさせない、その澄みきった目で、一気に作品に引き込まれる。
人種差別がある事を知りながらも、自分たちの見たことを信じる。この辺がとても純粋で健気なところだ。

ワタクシはここまで観た時に、何よりも親が子に正しく教育することが何よりも大事だと感じた。
しっかり親が子に今世の中で何が起きているのかを正しく伝え、理解させていく必要があると一度は強く感じた。
しかし、観終わって振り返ってみると、ヒトラー政権下の異様な雰囲気、家族に対しても行う徹底的な守秘義務、そしてその影響を受けた大人が純粋な子供を洗脳していく、こんな状況の中でまともな教育なんてできやしないだろう。仮に事実を伝えても、ブルーノは聞いた「異様な話」よりも目の前にいる「優しいパジャマを着た少年」を信じるだろう。

本作は強いて言うならば、戦争が関わる全ての人を不幸にする、というメッセージだと理解したが、実際の自分の気持ちはそんな単純では無い。少年たちの目力や衝撃のラストシーンなど、かなり派手では無いもののグッとくるシーンが多く、この気持ちをどう表現して良いか良く分からない。加えて自分でアウシュヴィッツを実際に見た経験がフラッシュバックし、ただただ涙するだけである。

評価:★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/138-b66fb331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/01/11/10:54 | シネマ日記 | 縞模様のパジャマの少年 ワタクシはいままでたくさんの映画を見てきた。「セブン」を見ても平気だった。「ソウ」も大丈夫。「ダ...

2011/01/15/23:21 | こんな映画見ました~ | 縞模様のパジャマの少年 『縞模様のパジャマの少年』---THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS---2008年(イギリス/アメリカ)監督:マーク・ハーマン出演: エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン、アンバー・ビーティー 、デヴィッド・シューリス、ヴェラ・ファーミガ 、 ルパ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。