スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ソーシャル・ネットワーク」

ソーシャルネットワーク  原題:The Social Network

00141.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

最年少ビリオネアのマーク・ザッカーバーグが創り上げた、世界最大のSNS「Facebook」の誕生秘話。監督はデヴィット・フィンチャー。

2003年の秋、ハーバード大学のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、その特徴的な性格から恋人のエリカにフラれてしまう。その腹いせに、ブログに彼女の悪口を書いてる時に、あるアイデアを閃く。それまFacemashという、女の子の格付けサイトだった。学内のPCをハックし、顔写真を集め瞬く間にサイトのアクセス数は増えていく。これを機にマークは、親友のエドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と共にFacebookを立ち上げるが・・・。

アメリカ本国や日本での試写会の感想なども、否定的意見を全く聞かない、いわば話題作と言っても良い作品。
色んなサイトで感想を読んだりしてみてもやはり高評価だ。しかしながら、ワタクシは正直あまり楽しめなかった。

確かに映画としての見せ方は抜群で、カット割りやカメラワーク、演出なんかはフィンチャーの才能が随所に発揮されていたし、映画の撮り方としては非の打ちどころは無い様に思う。音楽もかなり凝っていて、そのシーンごとに本当にピッタリな曲が丁寧に選曲されていると感じ取れる。

そして俳優陣に関して、特にマーク役のジェシー・アイゼンバーグは素晴らしく、気難しく、ちょっと何考えてるか分らない感じな天才肌の人間を上手く演じていた。基本は無表情で淡々と早口で喋る中、要所要所で見せる表情は、マークの気持ちが伝わってくる。彼の前作である「ゾンビランド」でもひ弱な青年役を好演しており、極端なキャラクタのイメージが定着しそうだ。

次に脚本だ。先ず台詞が速すぎる。全体のテンポが早く感じるが、どっちかというと、とんとん拍子に進むというよりも、早回ししてるという印象。とにかく速いので全然分らないし、聞いてるだけでも疲れてしまう。ビル・ゲイツも早口だし、天才はせっかちな人が多いから演出上は分るんだが、とにかく疲れる。

ストーリーは2つのタイムラインが流れており、一つは在学中からどうやってFacebookが出来上がっていったか、そしてもう一つはマークが訴訟され示談のためのヒアリングだ。この2つのタイムラインを入れ替え物語を進めていくのは面白い。

Facemashを立ち上げる所までは、マークの天才オタク色全開で一気に引き込まれていく。ここまでは何もいう事はない。この部分は話の展開そのものが早く、一瞬たりとも気が抜けない。

その後のFacebookのシークェンスに入ってからは、マークは人の気持ちを感じ取れず、また自分の気持ちを上手く表現できないアスペルガーなオタク青年として描かれていく。結局彼は、ずっとFacebookを続けていきたいだけの様に見えた。それはエリカに対し名誉挽回するために。そしてそういうやり方でしたかコミュニケーションの撮り方が分らないのであろう。そのために障害になりそうなものは、どんな手を使ってでも排除する。エドゥアルドしかり、ショーンしかり(ショーンは詳細不明だが)。この辺は察しないといけないところだが、自分の作ったFacebookを可愛がる様には少々同情する。

ただ、話はスピーディなものの、マークのアスペルガーな部分も手伝って、ラストシーンまでは淡々と話しが進む印象だった。マークとエドゥアルドの関係が少しずつ、そして決定的に壊れていくシーン。見せ場の一つのはずなのだが、マークの性格の難しさのせいであまり感情移入できなかったのが残念だ。それよりもシェーン(ジャスティン・ティンバーレイク)の狡猾さやボートウィンクルボス兄弟の決断力の無さばかりに目が行ってしまった。

最大の見せ場のラストシーン。彼は親友や協力者と引き換えにFacebookを手に入れた。人と上手くコミュニケーションを取れないマークにとって、Facebookは自分のためのコミュニケーションツールだったのだろう。だから彼はそれを守り、発展させるためには手段を選ばなかったのだろう。そして遂にというか、マークやFacebookを否定していたカレンがFacebookに登録している。もう一度彼女と友達になるために、友達申請のボタンをクリックする・・・。これが彼なりにやり方というか、最後までエリカという一人の女性に固執する姿は、それまでの振る舞いに対してやけに人間臭く感じる。彼女とのコネクションを求め、ただF5キーを押す姿には感動した。100万人の友達よりも、たった一人の女性を求めて。

完成度の高い作品だとは思うのだが、傑作かと言われるとそこまではいかないと個人的には思う。それはつき動かされるものが無かったからだ。映画としてそこまで絶賛される理由が見当たらなかった。それと下世話な話だし、あまり他のブログでは書かれていないのだが、結局のところパクったのか否かというゴシップ的な点もポイントだと思う。仮に、明らかにマークが先に考案した描写がされていても、同じように絶賛されたかは興味深い。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事


コメント
不思議な作品ですよね。凄く引きこまれましたし、フィンチャー監督はやっぱり上手いと思います。ただ正確に言うと、功なり遂げた人の伝記って誰であっても面白いんじゃないかなって気もするんです。それは別にマークでなくても、例えばビル・ゲイツでも孫正義でも同じように面白いんじゃないかと思うんですよ。そういう人たちには我々凡人とは大きく異なるドラマが多分あるから。
私は凄くこの作品が面白かったと思っています。ですが、コレがオスカーの作品賞だったら違和感を感じるなってのは、そういうことなんだろうなって思うんです。
2011/01/16(日) 22:22 | URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]
確かに伝記はそういうものかもしれませんね。それとオスカーとの関係。そういう視点はワタクシには無かったので刺激になります。
2011/01/16(日) 22:31 | URL | Nightwalker #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/141-8e9f0634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/01/16/19:04 | オールマイティにコメンテート | 「ソーシャル・ネットワーク」色々な発想と失敗から学んだ人脈づくりのプログラミングストーリー 1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が Fa ...

2011/01/16/20:08 | 映画とTVとゲームの感想 | 映画ソーシャル・ネットワーク感想 Facebookの天才創業者を描いた映画、ソーシャル・ネットワークを見てきました。 天才は孤独というのがよくわかるぐらい、まわりの人となじめない主人公であり、現在は超大富豪になっているマーク・ザッカーバ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。