スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ドラマレビュー 「24-TWENTY FOUR- ファイナルシーズン」

24-TWENTY FOUR- ファイナルシーズン  原題:24 Season VIII

00142.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

言わずと知れた、海外ドラマの火付け役であり、代表格である24。2001年にシーズン1が始まり、リアルタイムで進行し、常に緊張感溢れる展開が話題を呼び、その後続編が多数作られる。そして遂に最終章となるシーズン8がリリースされた。ストーリーや内容の濃さも、この10年間の集大成と言って良いものとなっている。映画化も予定されているため、今のうちに是非チェックしておきたい。

前作のシーズン7も面白かったが、幾つか残念な所もあった。それは、CTUが無くFBIが活動のベースで有ったこと、そしてストーリーが途中で中だるみ気味になったことだった。しかし、今回のシーズン8は、そんな事は皆無だ。シネマトゥデイのキーファー・サザーランドのインタビューにある様に、一話一話に必ず山場が存在する。これにより、中だるみは一切なく、見てる側はずっと緊張しっぱなしになる。これって本当は凄く難しく、無理やり山場を作ってもストーリー的におかしくなるので、自然とテンションが上がっていかなければならない。脚本家は相当苦労したに違いない。

今回の舞台はNY。そして24の象徴ともいえるCTUの復活。残念ながら「あの内線音」は無いもの、近代的で洗練されたCTUを見ることができる。やはり「FBI」と聞くと何となくヌルく、「CTU」と聞くと凄くヤバそうな事件だと感じるのはワタクシだけではないはずだ。

ストーリーはご想像の通り書けない(笑)ので割愛する。当然テロが話の本筋なのだが、シーズン序盤のやり過ぎなテロの規模と比べればおとなしくはなったもの、やり過ぎ感はいつも通りなので安心してほしい。

ジャック・バウアーの行動っぷりも期待通り、いや暴走はそれ以上だ。いつものお約束はもちろんだし、ラストの彼の私怨が駆り立たせるモチベーションは、もはや死神と言って良い。ハンドガンを構える様が一番恰好が良いのもジャックだし、本当に殺される気がする尋問は、やはり大きな見どころだ。吹き替えで観てる人は、一度でも良いからキーファー・サザーランドの迫真の尋問の生声を聞いてみて欲しい。吹き替えとは緊迫感が全く違い、もう吹き替えはみれないはずだ。

本作で、ジャック並みに活躍する陰の主人公と言えば、クロエ・オブライエン(メアリー・リン・ライスカブ)だ。何を隠そう、ワタクシは一番24で好きなキャラこのクロエだ。彼女は意外と人気があると見えて、24の中では奇跡的なキャラクタである。恐らく、ジャックの娘のキムと並んで、「死亡」もしくは「失脚」しないキャラクタだ。
高確率で死亡するジャックの取り巻きにいる中で、シーズン3から生きているのは、まさに奇跡と言って良い。

眉間のしわがチャーミング(笑)なクロエもどんどん綺麗になっていくのが分るだろうか。
個性的で、人気があるのもうなづけるキャラである。


シーズンIVの頃のクロエ


シーズンVIIIの頃のクロエ


全シーズンを見終りある事を思った。今まで一番の面白さはリアルタイムドラマによる緊張感が飛びぬけていたのだが、今シーズンを見た時に、登場するキャラクタが本当に魅力的だという事を再認識した。キーパーソンである大統領も、今作は何故か最初から頼もしく見えるし、その取り巻きも変わったもの、昔から居る者、それぞれあって面白い。クロエやルネはもちろんなのだが、そういう演技ができる俳優を見つけてきて、上手くキャラ設定をする。俳優もその期待に応える。それが本シーズンでは何よりも強く感じられる。この魅力的なキャラクタによるヒューマンドラマも大きな見どころの一つだ。

映画と違ってDVD12枚見ないと話が終わらないので時間の確保が必要だが、時間を割いても見る価値があると考えている。リアルタイムドラマは絶対に映画では味わえない興奮だ。

評価:★★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/142-d2aaf3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/01/20/01:19 | とぅれいと?エミコブログ | 海外ドラマの火つけ役かぁ バウアーいいよとっても!声優さんの声いいねっ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。