スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ザ・タウン」

ザ・タウン  原題:The Town

00151.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

ベン・アフレットが「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続き、監督、主演を務めるクライム・ドラマ。舞台はボストンのチャールズ・タウン。人はそこを「タウン」と呼ぶ。そのタウンは世界で一番銀行強盗と現金輸送車襲撃が多い街。そこで代々強盗を家業としてきたダグ(ベン・アフレック)だが、ある日、銀行襲撃時にやむなく支店長であるクレア(レベッカ・ホール)を人質を取らざるを得ない状況に。彼女が近くに住んでいる事を知ったダグ達は、彼女に探りを入れるため接近するが、ダグはクレアに対して恋に落ちてしまう・・・。

ちょっと不思議な雰囲気を持つ作品だ。作品の持つ圧倒的な重苦しい雰囲気や、強盗をするしか生きていけない男達の憤り感などは素晴らしいものがある。普通、派手な銃撃戦やカーチェイスを繰り広げるシーンでは興奮するものだ。もちろん本作もそのリアルなアクションに興奮するのだが、どこか悲しげであり、興奮とともに虚しさを感じる。
これは今まで多くのクライム・ドラマがあったがこの感想抱いた作品は無かったと記憶している。

この印象に大きな影響を与えているのがダグとジェム(ジェレミー・レナー)の2人だ。ダグ役のベン・アフレックはクレアとの恋に落ち、強盗の世界から足を洗おうとするが、結局抜けたくても抜けられない憤りを見事に演じ切っていた。

そしてジェレミー・レナー演じるジェムは、短気でいかにもこの世界でしか生きていけないならず者の雰囲気が完璧だった。特に今までアウトローで有りながらも、軍属である役が多かったためある一線を保ってはいたが、今回は強盗役のためその一線が無くなり、完全に悪党オーラ全開だ。街で会ったら目は絶対に合わせたくないような危うさを持っている。キャラクターのインパクトとしては、完全にダグより上だ。

この2人の似て非なるキャラクタがチームを組み、衝突し、そしてその裏では恋に落ちるという複雑に絡まった関係が、全体の雰囲気を重たくしているように感じた。

一方で、全体のストーリーとなると、思いのほか目新しさは無い。ある意味、かなりベタベタな展開だと言っても良く、途中でラストシーンまでの展開を想像できた方も多いのではないだろうか。舞台がチャールズ・タウン一か所だし、ロクに街から出た事も無いような連中なので、やれる事の幅が限定されているので仕方ないかもしれない。その代わりにその跳ね返りとして、より閉塞感が出せていたし、細かい演出を徹底的にやることで、リアリティがかなり良く出ていた。特に冒頭の強盗に入るシーンでは、ケータイを水没させる、HDDを電子レンジで破壊する、漂白剤を撒きDNAを壊すなど、実際に刑務所に手口をインタビューしに行った位の様なので、感心してしまう。

さて予告編のキャッチコピーにある様に、「数十年に一本の傑作」と言われると、それには疑問が残る。確かに持ってる雰囲気は抜群で、これはそうそうあるもんじゃないという事には異論はない。しかし、ストーリーにこの作品固有で何か新しさや突出したところがあるかというと、それは無いし、加えてストーリー展開で無理を感じる部分もある。例えばダグの最後の仕事なんかがそうだ。仕事をどうしてもやりたくないとあれだけ騒いだ挙句、最後に花屋を殺すなら、最初っから覚悟を決めて殺せば良い。作戦参謀で綿密な計画を立てるダグの行動としてはいささか不可解だ。それと、どこかダグに強盗としての甘さを感じるのである。だから傑作と言われると異論を唱えたくなる。

それとやはりこの作品を完全に味わうためには、ボストンのチャールズタウンというところがどういう所かというのを、普段からしみじみ感じておく事も大事なのかと思う。そこの理解がある米人だと、一般解に思えるストーリーも違った様に映るのかもしれない。ただ普通の日本人にはそうは感じないだろう。

とはいえ、面白くないわけではなく、寧ろ面白い部類に入るが、過度の期待は禁物だと感じた。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
ジェレミー・レナーがよかったですね。
アカデミー助演男優賞ノミネートも納得感あります。

ベタな展開には同意。
途中からは誰と誰が死ぬのか、ベン・アフレックはどっち(生死)にするのか、それが気になってました。
2011/02/11(金) 12:01 | URL | KGR #-[ 編集]
ども!

シェレミー・レナーは主役よりも、助演の方が持ち味が出てますね。

全体の重苦しい雰囲気はなかなか良かっただけに、脚本をもう一捻りすれば、かなり良いセンいくと思うんですどけどね~。
2011/02/12(土) 11:44 | URL | Nightwalker #8iCOsRG2[ 編集]
TB ありがとうございます

期待ほどではなかったですが、充分 満足な作品でした
ジェレミー・レナーをはじめ、脇役陣の好演が光りましたね
2011/02/15(火) 21:03 | URL | リバー #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/151-da0ac2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/02/09/07:54 | 23:30の雑記帳 | 『ザ・タウン』 | 大傑作です。 アメリカでは 「数十年に一本のクライム・ドラマの傑作」 とまで評価する向きもあるようですね。 全面的に同意します。 クライム・ドラマって、見終わった後は どんなに面白 ...

2011/02/15/01:35 | MOVIE レビュー | 映画 「ザ・タウン」の感想です。 映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...

2011/02/15/01:39 | LOVE Cinemas 調布 | ザ・タウン 『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホ...

2011/02/15/06:31 | eclipse的な独り言 | ザ・タウン 行ってまいりました。この映画、そうとういけています。

2011/02/15/07:30 | うろうろ日記 | ザ・タウン 試写会で見ました。強盗と人質と言う関係で出会った二人ですが、主人公は、人質を見張

2011/02/15/08:06 | 佐藤秀の徒然幻視録 | ザ・タウン 公式サイト。原題:THE TOWN。ベン・アフレック監督・主演、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパ ...

2011/02/15/09:22 | 映画鑑賞★日記・・・ | ザ・タウン 【THE TOWN】 2011/02/05公開 アメリカ PG12 125分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス ...

2011/02/15/10:24 | Akira's VOICE | ザ・タウン 犯罪を甘く描いたらダメだ!   

2011/02/15/13:07 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | ザ・タウン 監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が好評を博した俳優ベン・アフレック(「消されたヘッドライン」)が主演も兼ねた監督第2作。ボストン北東部の犯罪多発地帯を舞台に、犯罪 ...

2011/02/15/19:54 | みはいる・BのB | 『ザ・タウン』('11初鑑賞17・劇場) ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:10の回を鑑賞。

2011/02/15/20:18 | 真紅のthinkingdays | その街の男~『ザ・タウン』  THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...

2011/02/15/21:03 | 笑う学生の生活 | この 町 だから 8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...

2011/02/15/21:57 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ | ザ・タウン 評価:★★★★☆【4,5点】(14) ベン・アフレック久々のヒット作!

2011/02/15/22:28 | SOARのパストラーレ♪ | 『ザ・タウン』・・・きょうは晴れた日だから クライムアクションとしての見応え、そしてこの手のジャンルらしからぬ温かな余韻を残すラスト。どちらも私の好みにピタリとはまった。 銀行や現金輸送車を襲った犯人たちが繰り広げるド派手な銃撃戦やらカーチェイスをこれでもかと見せておいて、最後は観客の想像に委ね...

2011/02/15/23:12 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ | 映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。 ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...

2011/02/15/23:29 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 映画レビュー「ザ・タウン」 Ost: the Town◆プチレビュー◆宿命から抜け出そうともがく青年の純愛と、クライム・アクションのからみが絶妙。監督アフレックの手腕は確かだ。 【85点】 ボストン北東部チャール ...

2011/02/15/23:43 | だらだら無気力ブログ | ザ・タウン チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間と…

2011/02/16/22:23 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 「ザ・タウン」 「ザ・タウン」って、どこ? ちゃんと映画観てた?何度も出てきたぜ、ボストンのチャールズタウンって。 マッちゃんもハマちゃんもいなかったけどね。 それは“ダウンタウン”だ。こっちは、チャールズタウン。 お笑いとは関係なかった。 笑いもひきつるコワい街だからな?...

2011/02/16/22:41 | ノラネコの呑んで観るシネマ | ザ・タウン・・・・・評価額1650円 ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ...

2011/02/16/22:50 | 心のままに映画の風景 | ザ・タウン 全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放され...

2011/02/17/20:47 | NiceOne!! | 『ザ・タウン』(2010)/アメリカ 原題:THETOWN監督・出演: ベン・アフレック出演:ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライブリー、ジェレミー・レナー公式サイトはこちら。東京国際映画祭クロージング作...

2011/02/20/19:08 | Memoirs_of_dai | ザ・タウン 監督は永久に不滅です 【Story】 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。そ...

2011/02/21/22:00 | 5125年映画の旅 | ザ・タウン 全米一銀行強盗が多発する、ボストンのチャールスタウン。ここで生まれ育ったダグもまた、仲間と共に強盗を生業としていた。ダグは地元で暮らすクレアと恋に落ちる。しかしクレア ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。