スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ヒア アフター」

ヒア アフター  原題:Hereafter

00155.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

クリント・イーストウッド監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。「死」から「生」の素晴らしさを3組のオムニバスドラマで伝えるヒューマンドラマ。主演はマット・デイモン、共演セシル・ドゥ・フランス。

フランスのジャーナリストであるマリー(セシル・ドゥ・フランス)は恋人との休暇中に、突然発生した津波に巻き込まれ臨死体験をする。そして彼女はその臨死中にみたビジョンが何であったか突き止めようとする。
サンフランシスコでかつて霊能力者として活躍していたジョージ(マット・デイモン)は、死者と隣り合わせの人生に疲れ、過去から逃れようとする。料理教室で出会ったメラニー(ブライス・ダラス・ハワード)に好意を寄せるが・・・。

この作品のワタクシのイメージは「瞑想」だ。とても穏やかで、感動するところ、そうでないところ、全てのトーンがまるで瞑想をしている様にフラットだ。カットも音楽も台詞も全てが、あえて躍動感を抑える様な演出がなされている。これにより、「生」と「死」の境界が曖昧になり、とても身近に感じるのである。

この穏やかさが実に心地よく、振幅が小さく波長が長い感動が得られる。特に音楽が素晴らしい。正直、気を抜くと眠くなりそうな位心地よいのだ。この瞑想状態とも言える状態での感動が、この作品の醍醐味だといえよう。

ただし、この心地よさは一歩間違えると、退屈になってしまう。本作は3つのオムニバスが1つのストーリーに繋がる形式だが、それぞれのシークェンスが意外と長い。(時間的に本当に長いかは分らないが)料理教室のところは、ダラダラ感が否めなかった。

加えてストーリーが1本になるところは、今までの穏やかさは無く、意外と無理矢理というかあっさり繋がっていく。なので、ラストシーンのテーマが今での集大成である「生」や「繋がり」なので、もう少し各シークェンスをスリムにし、その時間でラストを作りこんだ方がベターだったのではと考える。

また、
この瞑想感はかなり良い出来だと思うし、これだけでもこの作品の価値はあるかもしれない。しかし、明らかにクライマックスはラストシーンなのだ。そうした時に作品全体で考えると作りこみが足りないような気がしてならない。イーストウッド作品ということで、何となくポジティブな評価への迎合を感じない事も無いのだが、逆にイーストウッドであれば、その辺のバランスもきっちり作りこみ、最後まで瞑想感を維持して欲しかったと個人的には強く感じる。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/155-bff75340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/02/20/23:01 | 悠雅的生活 | ヒアアフター 野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。

2011/02/20/23:02 | 食はすべての源なり。 | ヒア アフター ヒア アフター ★★★★★(★満点!) いや~。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですが、ことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ、あまり事前情報なく鑑賞して、裏切られた(笑) 鑑賞後にHP...

2011/02/20/23:12 | 佐藤秀の徒然幻視録 | ヒア アフター 丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フラ ...

2011/02/20/23:40 | 映画!That' s Entertainment | ヒア・アフター Hereafter ●「ヒアアフター Hereafter」 2010 アメリカ Warner Bros.Pictures,Malpaso Pro.,Amblin,129min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、 ...

2011/02/20/23:43 | SOARのパストラーレ♪ | 『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい 旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。 ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。 死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフ...

2011/02/20/23:48 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 映画レビュー「ヒア アフター」 ヒア アフター [DVD]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触りだ。 【65点】 仏人ジャーナリストのマリー、霊能 ...

2011/02/21/10:16 | Akira's VOICE | ヒア アフター 静かで前向きな物語。   

2011/02/21/13:22 | 映画鑑賞★日記・・・ | ヒア アフター 【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...

2011/02/21/14:36 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | ヒア アフター 製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ...

2011/02/21/16:37 | こねたみっくす | 『ヒア アフター』 死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ...

2011/02/21/20:23 | カゲヒナタのレビュー | 失った者たちの交錯「ヒアアフター」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー 今日の映画感想は「ヒア アフター」です。 個人的お気に入り度:6/10 一言感想:少々退屈さは否めないけど、さすがのイーストウッド印 あらすじ ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フ...

2011/02/21/22:08 | ノラネコの呑んで観るシネマ | ヒア アフター・・・・・評価額1550円 全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...

2011/02/21/22:44 | まてぃの徒然映画+雑記 | ヒアアフター(試写会) HEREAFTER スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン主演と豪華な布陣。東南アジアのビーチリゾートで大津波に遭遇し、臨死体験をしたマリーは...

2011/02/22/00:55 | 23:30の雑記帳 | 『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。 結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ...

2011/02/25/13:32 | ダイターンクラッシュ!! | ヒア アフター 2011年2月19日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『ヒア アフター』公式サイト 年に一回は新作を発表しているイーストウッド先生の新作。 前作は先生にしては珍しく直球だったが、今回は如何に。 何とマッ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。