スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「英国王のスピーチ」

英国王のスピーチ  原題:The King's Speech

00157.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

吃音で悩む英国王ジョージ6世(コリン・ファース)が、妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)と言語聴覚士のライオネル(ジェフリー・ラッシュ)と共に、コンプレックスを克服していく様を描いた実話がベースの物語。監督はトム・フーパー。

幼いころから吃音で悩んできたジョージ6世は、内向的な性格であり、人前で喋るのはもっての他だった。様々な治療法を試すも効果は無く諦めていたが、エリザベスが探してきたライオネルは、医師でも無く、他の医師とは全くやり方の違う所謂「異端」であったが、唯一効果のあったトレーナーだった。やがて、父が亡くなり、兄も王の座を返位してしまったため王位を継承することになってしまうジョージ6世。そして第2次大戦の開戦のスピーチが迫るが・・・。

アカデミー賞12部門にノミネートされ、上質な感動作とくればアカデミー会員のツボにハマらないわけがないという、そういうテイストを持った作品だ。

ストーリーとしては前述の通りだが、本作の見所は、主人公が会話が苦手なのに、会話劇を繰り広げながら、ライオネルとの信頼関係を築き上げていくところであろう。そして彼の吃音の原因ともなった、華やかなロイヤル・ファミリーの裏側にも触れられていく。

会話劇なので、やはりキャストに注目が集まる。主役のジョージ6世役のコリン・ファースは、その言葉が出ない「間」や、焦りの表情を十分に使い、言葉なしでジョージの気持ちを存分に表していた。一方で癇癪を起し、怒り狂う時は喋れるので、その時は怒涛の口調で気持ちを表現できていると感じた。みなさんも大勢の前で話す時に、言葉に詰まってしまう時がないだろうか。その微妙な間や焦りが手に取るように伝わってきて、思わず手に力が入ってしまった。

ライオネル役のジェフリー・ラッシュはジョージ6世とは対照的に良く喋る。医師ではないもの経験値で自信を持ち、平民である自分に、ロイヤルファミリーであるジョージ6世の心を開かせていく様は、とても暖かく、ユーモアに溢れながらも相手を敬い、とても魅力的だ。

脚本は、俳優の名演ありきの内容だと思う。ある意味、演じきってくれなければ見ていて何も伝わってこないもろ刃の剣ではあると思う。しかし本作では、特にコリン・ファースの名演で脚本の本来の持ち味が出ていたと思う。終始まじめで感動のシーンばかりかというとそうでも無く、随所にユーモアが散りばめられている。ジョージ6世とライオネルの呼び方しかり、発音に苦しみ、SやFで始まる単語を連呼したり、皮肉や言い回しが面白く、緩急が効いていた。

しかし全般的に感じた事は、非常に上質な感動作ではあるものの、もの凄く心を動かされる何かがあるかと言えば、それは「No」だ。題材が王室ということもあって、あまり突飛なことができなかったのかもしれない。とにかく一線を越えられてない感は否めなかった。もしかしたら予告編の出来が良すぎて期待し過ぎたのかもしれないのだが・・・。

ストーリーも難しくなく、王室(皇室)制度がある日本人には、彼らの位置付けも理解しやすく、見易い作品だと思う。普段映画をあまり見ない人でも、広くおススメできる作品だ。

評価:★★★★★★★★☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/157-6321c62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/03/01/01:24 | ノラネコの呑んで観るシネマ | 英国王のスピーチ・・・・・評価額1750円 王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...

2011/03/01/02:04 | 心のままに映画の風景 | 英国王のスピーチ 幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...

2011/03/01/03:11 | LOVE Cinemas 調布 | 英国王のスピーチ 後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...

2011/03/01/05:49 | あーうぃ だにぇっと | 英国王のスピーチ 2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試...

2011/03/01/08:04 | 佐藤秀の徒然幻視録 | 英国王のスピーチ 公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...

2011/03/01/08:27 | こねたみっくす | 『英国王のスピーチ』 英国史上最も内気で、繊細で、かんしゃく持ちなうえに、自分に自信がない内弁慶な国王の、男としてのプライドを賭けた静かなる戦い。それがジョージ6世の歴史に残るあの名演説。 ...

2011/03/01/10:15 | Akira's VOICE | 英国王のスピーチ 1シリングから始まる家族と言葉の物語。   

2011/03/01/10:40 | 映画鑑賞★日記・・・ | 英国王のスピーチ 【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...

2011/03/01/13:25 | 風に吹かれて | 英国王のスピーチ (試写会) 演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何

2011/03/01/20:36 | 英国日記 | 映画 「英国王のスピーチ」 英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!

2011/03/01/23:14 | うろうろ日記 | 英国王のスピーチ 試写会で観ました。お父さんが亡くなって次男の主人公が王様になっちゃったんだけど、

2011/03/02/00:06 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 映画レビュー「英国王のスピーチ」 公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ...

2011/03/02/08:02 | ノルウェー暮らし・イン・London | 「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!

2011/03/02/10:27 | SOARのパストラーレ♪ | 『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した 幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。

2011/03/02/12:44 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 英国王のスピーチ 現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...

2011/03/02/21:29 | Memoirs_of_dai | 英国王のスピーチ 日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピーチを命じた...

2011/03/03/01:20 | ・*・ etoile ・*・ | 『英国王のスピーチ』 '11.02.16 『英国王のスピーチ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! *ネタバレありです! そして熱弁(笑) 「ヨーク公アルバート(通称バーティー)は、吃音に悩んでいた。高名な医者にかかっても効果はなし...

2011/03/16/19:36 | soramove | 映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。 「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                 ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。