スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「GANTZ : PERFECT ANSWER」

GANTZ : PERFECT ANSWER

00172.jpg

【公式サイト】  【allcinema】

前作の「GANTZ」の続編。本作は原作とは違った展開が繰り広げられる。主要キャスティングは基本的に前作と同じだ。

千手観音との戦いで死んだかのように思われた加藤(松山ケンイチ)。しかし、現場にはその加藤の姿が・・・。また小さいGANTZ玉を持つ鮎川(伊藤歩)という女。彼女はGANTZから指示された通り、カギとなる人間を殺し始める。一体何が起こるのか・・・。

どう評価するべきか悩む作品。映画だけ観てる人にとっては、ストーリなんかは伏線が良く張られていて、練り込まれた感じがあり、これはこれで面白い。一方で原作、というか原作の雰囲気を期待してる人にとってはちょっと表紙抜けな感じなのではないだろうか。

前半戦の黒服星人グループと戦う地下鉄のシークェンスまではどちらの見方でも満足いくだろう。特にこの地下鉄での殺陣はスピード感があり、思わず身を乗り出して観てしまった。ここまでは殺るか殺られるかの緊張感のある展開で十分満足いくものだ。

さてここからが問題。ストーリーボード上は、多分どちらの見方でもイイ線行っていると思う。しかし演出というか見せ方は、とにかくシンミリ系というか感動系に走ってしまっている。後半は、小さいGANTZ玉で集められた卒業生の謎や、千手観音の現場に現れた加藤の正体、そしてGANTZの異変等色んな謎が次々に明らかになり、来るべき最後の戦いに向け期待が大きくなるところだ。それがとにかく小島多恵(吉高由里子)と玄野(二宮和也)の関係を始めとした、「生きる」ことをベースに話が展開される。

加藤に扮する黒服星人と死闘を繰り広げ、感動シークェンスもある。ちょっとGANTZにしては戦闘規模があまりにもこじんまりしている感はあるし、展開が若干遅い感じもするが、とりあえず映画シリーズだけ知ってる人にはこれでも良いだろう。十分及第点は付けられると考える。

ただ、GANTZと言ったらもっと殺伐として、緊張感のある展開を望んでいいはずだ。前作は色々物足りない意見もあったが、初見の人も多いのでそれはそれで良いと思っていて、本作に期待していた。が、その期待は見事に打ち砕かれたわけだ・・・。GANTZと言うからには、やはり戦闘シーンが一番に来るわけで、それも得体の知れないとんでもないものが相手だから面白い。それを差し置いて、加藤の分身とこじんまりと戦い、それだけでなく、感動シークェンスが前面に来なければならないのかという事だ。別にずっとグロだのなんだのでやれと言ってるのではない。売りの部分が際立ってない事が不満だ。

それとしっくりこなかったのはタイトルだ。GANTZから見た玄野の行動(答え)がPERFECT ANSWERなのだろうが、てっきりこのサブタイトルの主語というか目線は玄野や加藤達の戦ってる連中だと思っていた。それだけにラストで理解はしたものの、「そういうこと!?」という感が拭えなかった。

ワタクシは取り立てて原作を完全に再現しなければいけないという事など言うつもりもないが、やはりどうして敢えて外した展開にしたのかが不満だ。

そんな中で、楽しんで見れたのは緑友利恵だ。GANTZを卒業した女子高生の山本真子役を演じている。彼女がGANTZスーツを着て、豪快なアクションをするとなればチェックせずにはいられない。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
原作では人間がゴミカスのように大量に無残に殺されて行く事にもはや何の感傷も感じないし、体がバラバラになってももはやふーんて感じだが、ガンツ実写でヌルイと言われる、ヒューマン部分がある事で、人間が殺されて行く様に多少胸が痛い感を取り戻せた気がした。

邦画でお涙頂戴かよぺっ、ヌルイしたるいんだよ、もっと派手に殺しあえよ、って言われがちだが、人間脳を忘れない為には必要だと思う。
娯楽として殺戮シーンを楽しむ為には、人間感が邪魔なので、ヒューマンはイラネ、からっとドライに殺しあう洋画の感覚が、エンタメ的には正しいかもしれないけど。確かに後腐れなくバタバタ殺しあえばすっきりストレス解消されるしね。
人が人である痛みを忘れない邦画のが、エンタメ的に劣っても、人間を人間扱いする点では優れてると思う。
やっぱ人間はゴミカスじゃないと思いたいから、実写版もゴミカス扱いする必要はないと思う。いや自分はゴミカスだけどね、願望的には死んだ時だけでも泣いてもらいたいし。
2011/04/25(月) 05:52 | URL | あきら #-[ 編集]
アキラさん、コメントありがとうございます。

アキラさんのおっしゃる事は良く分かるし、そうだとも思うんですが、それが前面に出てきてしまったのが個人的には残念でした。

ワタクシが欲しかったのは緩急なんです。緩は今回ので十分でしたが、急の部分は後半はちょっとGANTZとして考えると緊張感が足りないと感じています。イマイチな気がしてしまいました。わざわざGANTZの冠付けてるんだし、見た目が如何にもな強い星人と極度な緊張感の中で戦うエンタメ部分が欲しかったと感じました。

GANTZらしいと書くとグロに直結してしまいがちですが、正直グロはどうでも良いです。

確かに邦画らしいと言えばそうですね。緩の部分では良さがよく出てたと思います。

人間脳、面白い表現で興味深く読ませて頂きました。
2011/04/25(月) 09:56 | URL | Nightwalker #llOdXvhs[ 編集]
原作は知りませんが
答えは出ませんでした。
拍子抜けっていうか・・・。
二人目のマツケンは
ゴールドの衣裳をまとったマツケンにでも
出て欲しかった。
だって田中星人がいるくらいだから
松ケンサンバ星人がいてもよかろう・・・。
とか。

っていうか、ニノこれからどうなるの???
2011/05/09(月) 15:33 | URL | もも。 #-[ 編集]
「答え」ってよりかは、「決断」ですよね、このラスト。
最後、二宮クンはGANTZのエネルギーとして、ずっとあのまま何でしょう、きっと。

松ケンサンバ星人は思いもしなかったですw
確かにもっとあからさまに星人だって分かってもよかったですよね~。ちょっと格好良すぎですw
2011/05/09(月) 23:28 | URL | Nightwalker #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/172-c941daac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/04/25/03:42 | LOVE Cinemas 調布 | GANTZ: PERFECT ANSWER 奥浩哉の人気コミックを実写映画化した『GANTZ』2部作の後編。ガンツに呼び出され“星人”と戦う玄野たちの前に新に現れる強敵それは…。主演は引き続き『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に吉高由里子、山田孝之、田口トモロヲ、伊藤歩。監督?...

2011/04/25/05:30 | 日々“是”精進! ver.A | 劇場鑑賞「GANTZ PERFECT ANSWER」 ここは「GANTZ PERFECT ANSWER」レビューのミラー用の記事となっています。 レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201104230003/ 【送料無料】映画GANTZ PERFECT ANSWER 価格:550円(税込、送料別)

2011/04/25/06:02 | オールマイティにコメンテート | 「GANTZ PERFECT ANSWER」争い続けた先にみた愛する人を守るため争いを止めるための究極の結論 「GANTZ PERFECT ANSWER」は2011年1月に公開された「GANTZ」の続編で、戦い続ける事でしか抜ける事ができない戦いの中で大切な人がターゲットにされ思い悩みながら星人と戦い続けるス ...

2011/04/25/08:06 | 佐藤秀の徒然幻視録 | GANTZ PERFECT ANSWER 絶え間ない言葉とイメージの更新に関る物語 公式サイト。奥浩哉原作、佐藤信介監督、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼 ...

2011/04/25/10:12 | Akira's VOICE | GANTZ:PERFECT ANSWER ほぉう,これが「完璧なる答え」ですか・・・。 

2011/04/25/20:13 | みはいる・BのB | 『GANTZ: PERFECT ANSWER』('11初鑑賞54・劇場) ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:55の回を鑑賞。

2011/04/25/20:27 | こねたみっくす | 『GANTZ:PERFECT ANSWER』 戦う二宮クンが格好いい!ただそれだけの映画でした。 既視感だらけのアクションに葛藤のない人間ドラマ、何一つ謎が解かれていない世界観に、先の読めなかったアクションから一 ...

2011/04/25/21:38 | シネマDVD・映画情報館 | GANTZ PERFECT ANSWER GANTZ PERFECT ANSWER 監督:佐藤信介 出演:二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 内容:幼なじみの玄野と加藤は、地下鉄に轢かれて死んだはずなのに、謎の黒い球体GANTZ<ガンツ>が置かれたマンションの一室で意識?...

2011/04/25/22:09 | こんな私でごめんあそばせ | GANTZ PERFECY ANSWER 監督 佐藤信介 出演 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 ストーリー 黒い謎の球体―GANTZ(ガンツ)―に召還され、 異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち…… 玄野計(二宮和也)と加藤勝(松山ケンイチ)は、 星人=敵を殺

2011/04/25/22:50 | だらだら無気力ブログ | 『GANTZ: PERFECT ANSWER』 奥浩哉の大人気マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也と「DEATH NOTE ?デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化した衝撃のSFサスペンス・ アクション、その後編。 召還された“ガンツ”の世界から解放されるため星人との戦いを続ける 玄野たちを待ち受けるさ…

2011/04/25/22:53 | 気ままな映画生活 | No.253 GANTZ: PERFECT ANSWER 【ストーリー】 奥浩哉の人気コミックを、二宮和也、松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の完結編。黒いナゾの球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の敵“星人”を倒すこと ...

2011/05/02/00:14 | シネマ親父の“日々是妄言” | 「GANTZ:PERFECT ANSWER」う~ん、パーフェクト?? [GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、実写映画化2部作の2本目!「GANTZ:PERFECT ANSWER」(東宝)。原作はまだ連載中(=未完)なのに、タイトルに「PERFECT ANSWER」とは…、いやはや何とも強気じゃないですか!はたしてどんな結末に...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。