スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「まほろ駅前多田便利軒」

まほろ駅前多田便利軒

00173.jpg

【公式サイト】  【allcinema】

第135回直木賞を受賞した三浦しをんの短編集を実写化。主演は瑛太と松田龍平。同級生だった2人が再会し、それぞれが苦い過去を持ちながらも、それなりに強く生きていく様を描いたヒューマンドラマ。監督は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の大森立嗣。

東京のはずれにある「まほろ市」で便利屋を営む多田(瑛太)。ある日バス停で同級生だった行天(松田龍平)と再会する。これがきっかけで共同生活を始めた2人。彼らは様々な便利屋にしかできない依頼を引き受ける。そして、それらを通じて彼らが悟ったものとは・・・。

まさに邦画という言葉がぴったり当てはまるくらい、日本的な作品だと感じた。
多田、行天とも過去に色々と抱えており、2人ともバツイチ。便利屋を営んではいるものの、何となく生きる目的をなくしている様な多田、そしてその時なりにひょうひょうといきる行天といったところか。同級生とはいえ、行天は生徒時代は全く無口であったため交友なんて大してなかったはずの2人が、男同士特有の不思議な友情感から共同生活を始め、自分の過去と向き合っていく。

ストーリーはほぼ前述の通りだ。もちろん色々引き受けた仕事に対して、それぞれエピソードがあるがそれは割愛したい。また、撮影の舞台は町田市になっている。イメージ的にもまほろ市とぴったり合う感じだ。

本作の一番の魅力は何と言っても『間』だ。とにかく無言の時間が長い。ただ、うまく文章で表現できないかもしれないが、男同士で口に出さずとも察する、その場の空気でなんだか納得する、みたいな事を味わったことがないだろうか(女性の方スミマセン)本作はまさにそれなのだ。そしてそれに若干のスパイスを加えているのがタバコ。火を付けたり、深く吸ってみたり、これは喫煙者じゃないと分からないだろうが、そういう事をしたくなるタイミングというか、気分があるのだ。こうやって書くと、ほんと限られた人しか理解できない気がしてきたが、分かる人にはホントにシミジミくる間が本作にはあり、最大の魅力となっている。

主演の2人はそれぞれが良い持ち味を出していた。瑛太は静かにまじめに生きているがどこか暗い過去を持つ、普通の男の味が良く出ていた。普通の男ほど演じるのは難しいものだ。松田龍平は人を小馬鹿にした様な口っぷりだが、言うことは的を得ていて、それでいてアンニュイなキャラがばっちりハマっていた。この2人のかみ合いっぷりは共演を重ねた賜物だろう。

主演の2人に影響されてか、女性客の方が多かったような気がするが、本作は30代以上の男性にこそ観て欲しい作品だと思う。この親友だから成し得る『間』を是非感じてほしい。

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
行天が「フランダースの犬」のラストがハッピーエンドと言った理由が見終わってから、ああそうか、一番つらい事からの解放だからかと合点がいきました。最後まで淡々と進むけど中身は結構重いんですよね。

煙草は吸わないけど、間は分かりますよ。多分、普通に女の人でも分かるんじゃないでしょうか?(いや、性別は男だからそこは推測だけど)
2011/05/04(水) 13:57 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
フランダースの犬のラストシーンについては、多田と行天の考え方がハッキリ分かれてましたね。そのどこか悟りを開いてる様な行天が魅力的ですよね。

「間」については、こういう語りのシチュエーションが自身に在ったときは喫煙してたので、自分とオーバーラップして書きました。止めてからは、そういうシチュエーションがなかったので・・・。

女性は空気を読むというよりかは、結構口に出す方じゃないですかね?どう思ってるか知りたいですw
2011/05/06(金) 23:33 | URL | Nightwalker #HfMzn2gY[ 編集]
私は女性ですが、すごく楽しめました。
やっぱりキャラクタ的には行天が魅力的で好きです。
松田龍平さんは飄々とした役が似合うと個人的には思うのですが、行天はその最たるもので、はまり役でした。
音楽も雰囲気にぴったりで良かったです(私がくるりファンなのもあるかも知れませんが)。
最高の映画だと思います。
2011/05/08(日) 11:47 | URL | おにぎり #-[ 編集]
おにぎりさん、コメントありがとうございます。

女性でもあの空気感は楽しめるんですね。洋画には無い、日本人しか分からない沈黙は凄く良かったです。

松田龍平と行天はぴったりですよね。風貌から何から何までどんぴしゃって感じでした。

ワタクシはくるりのファンでは無いですが、良くマッチする曲を探してきたもんだと感心してたんですよ。タイアップしてるのか分かりませんが、エンドロールまで雰囲気が壊れなかったですね。
2011/05/08(日) 13:28 | URL | Nightwalker #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/173-2a018d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/05/04/14:01 | ふじき78の死屍累々映画日記 | 『まほろ駅前多田便利軒』をユーロスペース1で観て、ふむふむふじき☆☆☆ 五つ星評価で【☆☆☆楽な気分で観れる地味目な娯楽映画】 ・三面怪人ダダ便利軒  瑛太と龍平とチワワの顔を持つ異星出身の便利屋が  標本を採集しながら秘かに便利する。 ・ ...

2011/05/10/00:40 | 大江戸時夫の東京温度 | 「まほろ駅前多田便利軒」:ゆるゆると、のらりくらりと 映画『まほろ駅前多田便利軒』は、オフビートで「間(ま)」を生かした、日本映画らし

2011/05/10/01:19 | だらだら無気力ブログ | まほろ駅前多田便利軒 第135回直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー連作短編集を「ディア・ ドクター」の瑛太と「誰も守ってくれない」の松田龍平の共演で映画化した ヒューマン・コメディ。 東京のはずれにある“まほろ市”で便利屋を営む真面目な青年・多田と ふらりと現れた同級生・行…

2011/05/10/08:42 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒オリジナルサウンドトラック心に傷を持つ同士のバディ・ムービーは、力の抜け具合が絶妙だ。ゆるい空気の中にうっすらとにじむ正義感がいい。瑛太と松田龍平 ...

2011/05/10/08:54 | 日々のつぶやき | 【まほろ駅多田便利軒】 監督:大森立嗣 出演:瑛太、松田龍平、本上まなみ、片岡礼子、鈴木杏、高良健吾  カムバック、しあわせ 「まほろ市の駅前で便利屋をしている多田は、仕事の帰り預かったチワワを抱いている中学の同級生行天と出会う。今晩泊めて欲しいと突然言う行天に、最初は断

2011/05/10/09:46 | カノンな日々 | まほろ駅前多田便利軒/瑛太、松田龍平 直木賞作家の三浦しをんのベストセラー小説を瑛太、松田龍平の若手実力派の二人の主演にて映画化した作品です。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督なのです ...

2011/05/10/10:14 | 佐藤秀の徒然幻視録 | まほろ駅前多田便利軒 公式サイト。三浦しをん原作、大森立嗣監督、瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、横山幸汰、柄本佑、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳。 ...

2011/05/10/20:06 | 真紅のthinkingdays | 愛だろ、愛。~『まほろ駅前多田便利軒』  まほろ市駅前で便利屋稼業を営む多田(瑛太)は、中学の同級生、行天春彦 (松田龍平)と再会する。多田は中学時代の負い目から、「今夜一晩泊めてくれ」 という行天の頼みを聞き入れてしまう。その日か...

2011/05/10/22:03 | シネマDVD・映画情報館 | まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒 監督・脚本:大森立嗣 出演:瑛太/松田龍平/片岡礼子/鈴木杏/本上まなみ/柄本佑/横山幸汰/梅沢昌代/大森南朋/松尾スズキ/麿赤兒/高良健吾/岸部一徳 内容:直木賞に輝く三浦しをんのベストセラー小説を映画化。東京郊外のまほろ市(町...

2011/05/10/22:39 | ゼロから | (映画) まほろ駅前多田便利軒 まほろ周辺を舞台にした映画でしたが、撮影は東京都町田市周辺でした。町田にも畑もあるしデパートもあり、ちょっと変わった街です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。