スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「キッズ・オールライト」

キッズ・オールライト  原題:The Kids Are All Right

00175.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

現代のレズビアン・カップルの家族を描いたファミリー・ヒューマンドラマ。1人の精子ドナーからそれぞれ子供を生んだレズカップルと、その子供たち、そして精子ドナーが織りなす人間関係をストレートに描いた作品。監督は「しあわせの法則」のリサ・チョロデンコ。彼女もレズビアンであり、本作と同じく精子ドナーにより出産を経験している。

レズビアンのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は結婚しているカップル。彼女たちはそれぞれ精子ドナーにより出産しており、18歳の娘のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と15歳の息子レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)と暮らしていた。ある日、弟のレイザーは精子を提供した父親がどうしても知りたくなり、姉の協力も得てドナーでありポール(マーク・ラファロ)と勝手に会ってしまう。打ち解けていくポールと子供たちをよそに、これ以上干渉しないようとさせるニックとジュールスだが、事態はあらぬ方向に・・・。

レズビアンの家族ということで、どういう作品なのかと不安半分で鑑賞したが、それほど心配する必要も無かった、というかかえってすんなり観れたくらい自然な作品に仕上がっていた。

最近では、本作の様なレズカップルの家庭も増えてきている様だ。主演の2人の目線などは実際に則してしるかの様に自然なのも、監督自身が同じ境遇であるのも一理あるだろう。

まずキャラクタ設定が日本では到底考えられない。レズの2人が結婚を認められていて、ニックが医師として一家を支えている。それぞれが出産をし、その子供たちも親がレズという事に何のコンプレックスも抱かないまま、しっかり育っている。これぞアメリカという感じだ。最初違和感があるが、何故かすんなり慣れてしまった。

ストーリーはポールが家族に接することによって、今までに無かった刺激が家族にもたらされる。それは考え方であり、振舞いであり・・・。それらを通じて、家族の絆を改めて認識する物語である。

特にポールとジュールスは体の関係を持ってしまう。これを不倫と言うべきかなんなのか・・・。やはりいくらドナーと言えど、ニックが力説していた様に、「生物学上のに父親」であることに違いはなく、本当の父親ではない。「18年間子供を育ててから親の顔をしろ」とはごもっとも。だからやはり不倫というのが正しいのだろう。いずれにせよ、家族が傷ついたのは間違いない。そしてその後ジュールスが謝り、絆を取り戻していく様も至って普通。しかしこの普通な事件だが、この設定の下だと、俳優陣の一挙手一投足に奥深さが出て不思議な感じだ。

登場人物に話を移そう。父親役のアネット・ベニングはその短髪からも、如何にもレズのタチ役な感じが良く出ていて、実際、医師という設定もあり若干上から目線な話っぷりもドンピシャな感じだった。職場で怒られたら泣きたくなるような強いタイプだ。母親役のジュリアン・ムーアは、レズでありながらもどこか中性的な雰囲気を残した難しいキャラだ、と同時にアネットとは対照的にとぼけた発言もしてしまう、本作では重要なキャラ。脚本も当初からジュリアン・ムーアが演じる事が想定されているため、これまたドンピシャだ。

子供たち、特にミア・ワシコウスカは、アリスとは違った素朴な18歳を演じている。相変わらず綺麗なので好きな方は要チェックだ。

そして何よりマーク・ラファロは男のワタクシが見ても惚れ惚れしてしまうほど、カッコ良かった。伸びきった髪や無精ひげが見方によっては汚いのだが(笑)下手に格好つけず、素のままで生きている感じは、とにかく無条件でカッコイイ。できるならあんな生き方をしてみたいものだ。

さて、本作は意外と上映館数も限られているが、恐らく題材がレズカップルだったりするからなのではないだろうか。日本ではまだ偏見があるかもしれないが、本作はそういう気持ちは一切抜きで先ず観て欲しい。そこには絶対理解できないような特別なものなど無く、意外とすんなり入れてしまうはずだ。そして今までとは違ったアプローチの家族の絆を観ることができるだろう。

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/175-9ada5513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/05/10/00:28 | Memoirs_of_dai | キッズ・オールライト 訴えは良いが甘い男性の描き方 【Story】 レズのカップルであるニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)の子供達(ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レイザー(ジョシュ・ハ...

2011/05/10/00:42 | 大江戸時夫の東京温度 | 「キッズ・オールライト」:「アー」はどこ? 映画『キッズ・オールライト』は、普通にまずまず上出来のファミリー・コメディーとし

2011/05/10/00:43 | Cinema + Sweets = ∞ | 『キッズ・オールライト』 家族の絆について考えさせられた映画『キッズ・オールライト』を観ました。 レズビアンのカップルと、その子供たちを描いた作品で、最後は優しい気持ちになれるような、そんな映画でした。 ******************** 『アメリカン・ビューティー』のアネット・ベニング...

2011/05/10/05:28 | あーうぃ だにぇっと | 抱きたいカンケイ/キッズ・オールライト 大震災前に観た映画を2本まとめてご紹介。 いずれの作品も、アメリカ感覚?で日本人感覚とのズレは大きい感じがする。 1本目は、セックスだけのカンケイからスタートするカップルの話。 2本目は、女性カップルでそれぞれが人工授精で産んだ子供がいる話。 日本では...

2011/05/10/09:46 | カノンな日々 | キッズ・オールライト/アネット・ベニング 第83回アカデミー賞授賞式の中継放送でスタジオゲストの中島由紀子さんがアネット・ベニングを絶賛していたんですよね。この映画を観ていない私にはそれはピンとこなかったのです ...

2011/05/10/12:22 | 食はすべての源なり。 | キッズ・オールライト キッズ・オールライト ★★★★★(★満点!) レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジョールズ(ジュリアン・ムーア)は、一人の精子提供者から一人ずつ娘ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と息子レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)を生む。18歳になっ?...

2011/05/10/21:54 | シネマ親父の“日々是妄言” | 「キッズ・オールライト」ごくごく普通の(?!)“ホーム・ドラマ”  『奥様の名前は、ジュールス。そして、旦那様(?)の名前はニック。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違っていたのは、2人とも…女性だったのです…(^^;』第68回ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)...

2011/05/10/22:16 | ダイターンクラッシュ!! | キッズ・オールライト 2011年5月4日(水) 19:25~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:未確認 『キッズ・オールライト』公式サイト 母親が同居している姉弟。父親の種は一緒だ。姉弟の母親はそういう関係である。 姉弟は、種馬と会う?...

2011/05/10/23:21 | 心のままに映画の風景 | キッズ・オールライト レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、 同じ男性の人工授精で生まれた18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と、15歳のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソ...

2011/05/12/05:52 | 映画三昧、活字中毒 | キッズ・オールライト ■ 試写会にて鑑賞キッズ・オールライト/THE KIDS ARE ALL RIGHT 2010年/アメリカ/107分 監督: リサ・チョロデンコ 出演: アネット・ベニング/ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウスカ/マーク・ラフ...

2011/05/12/21:49 | こねたみっくす | 『キッズ・オールライト』 レズビアンカップルと精子提供者で三角関係。2人の母親と娘・息子と遺伝子学上の父親で三角関係。それもまた家族。 第68回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品 ...

2011/05/15/00:42 | Cinema + Sweets = ∞ | 『キッズ・オールライト』 家族の絆について考えさせられた映画『キッズ・オールライト』を観ました。 レズビアンのカップルと、その子供たちを描いた作品で、最後は優しい気持ちになれるような、そんな映画でした。 ******************** 『アメリカン・ビューティー』のアネット・ベニング...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。