スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「八日目の蝉」

八日目の蝉

00183.jpg

【公式サイト】  【allcinema】

角田光代の同名小説を永作博美と井上真央の主演で映画化。監督は成島出。不倫相手の赤ちゃんを奪い、4年間にわたる逃亡生活中の母親として子供への深い愛と、誘拐された子が大人になり自身の過去を振り返り受け入れていく様を描くヒューマン・サスペンスドラマ。共演は小池栄子、森口瑤子。

野々宮希和子(永作博美)は秋山丈博(田中哲司)との不倫で妊娠し中絶手術をしたが、後遺症で二度と妊娠できない体になってしまった。その秋山は妻、恵美子(森口瑤子)と別れると言いながら子供を儲けていた。過去に決別するため、その赤ちゃんである恵理菜を一目見ようと家に忍び込んだ希和子は、衝動的に恵理菜を連れ去ってしまう。恵理菜を薫と名づけた希和子は、逃走しながら育てようとするのだが・・・。

一方で大人になった恵理菜は事件の反動で、実の家族と普通の関係を保てなくなっていた。そんな恵理菜も不倫相手との子を身籠ってしまう。これを切っ掛けに希和子の逃亡生活を辿るのだが・・・。

ストーリーの展開としては、希和子の愛情をたっぷり受けて育った恵理菜は、実の家族に戻っても馴染めず家庭はぎくしゃくしてしまう。そんの家庭では普通に行われる行事等も何も無く、愛情というものを全く受けて育ってきてない事を希和子のせいだと半ば恨んでいた恵理菜であったが、逃亡生活を辿るうち、自分に最も愛情を注いでくれたのは希和子であったことに気づく。これを、希和子と薫の逃亡生活と恵理菜と千草(小池栄子)の逃亡生活を辿る2本のタイムラインで構成される。

内容的には不倫相手の、しかも血の繋がりが無い子供を誘拐するという突拍子も無く極めて特殊なケースの話だ。しかし、その特殊な状況を生かして母性、中でも母の愛を強烈に描いている。

最初は血の繋がっていない子供をさらって本当に育てられるのか、愛情を注げるのかなどど詮索してしまいがちだが、一つ一つの情景が丁寧に描写され、且つ永作博美の熱演もあり、そんな心配をするどころか、みるみると物語に引き込まれてしまう。希和子の女として母親としての子供に対する、狂気とも取れる愛情をまざまざと見せつけられ、どこか女性に対する恐ろしさを感じるほどだ。

作品のタイトルにもなっている「八日目の蝉」だが、これは希和子、恵理菜双方を比喩してると言える。希和子は堕胎し、不倫相手から罵られ、もはや生きている意義も無い様な状況で、薫という希望を手に入れた(良いかどうかは別として)。ここからの逃走生活が彼女にとっての八日目だと言えるだろう。それは冒頭で、「犯罪を犯したが、謝罪ではなく感謝してる」という言葉からもうかがい知れる。また恵理菜にとっては子供を産むと決心し、逃亡生活を辿る旅に出たことで、一番憎んでいたはずの人が一番愛していてくれたという事に気づく事ができたことだ。この様な劇中のセリフがタイトルになる事は良くあるのだが、本作の様に表面的な事だけでなく希和子と恵理菜それぞれの人生に掛かってくるあたりは物語により深みを与えている。

本作の主演は、永作博美と井上真央だが、2人の顔がどことなく良く似ているのだ。ポスターで横並びになっているところを見ると、親子と言ってもまんざらでもないレベル。二つのタイムラインが同時に流れつつ、かつ似てる2人が似たような人生を歩もうとしており、生き写しを見ている様な錯覚に陥る。この辺はキャスティングや構成の取り方が非常にうまいと感じた。

脚本的に如何にも狙って泣いて下さいというシーンが幾つかあったことは事実だ。普通の作品の場合、そういうシーンでは涙することへの抵抗感が強く出てしまいがちだが、前述の通り、物語に引き込まれていること、そして何よりも永作博美の、まるで実子に接するかの様な怪演により何のためらいも無く涙を流してしまうだろう。

彼女の各シーンの細やかな表情は、観る者を一瞬で希和子の気持ちと同化させる力を持っているように感じた。特にその目力は半端ではなく、不安、諦め、安堵、喜びという感情だけでなく、不倫相手の女、育て方が分からない不安な母親、逃走犯、そしてしっかり子育てをし、生計を立ててる強い母親という人格を確実に形作り、さらに言えば、誘拐事件と薫への愛情を正当化さえしてしまうそうな勢いだ。ribbonというアイドルが、これ程までの大女優に返信するとは正直恐れ入った。

さて一方の井上真央だが、永作博美と比べるとまだ幅の狭さを感じたのだが、思い返してみると、恵理菜という役自体が愛情を受けて育っておらず、人との付き合いも少ないため、緩急がそれほど無いのが敢えて正解なのかもしれない。

驚いたのは小池栄子だ。今までバラエティなどで見てきた小池栄子のアクの強さはどこにも無く、恵理菜と同じく育った千草を見事に演じていた。恵理菜にとっての牽引役なので恵理菜より前に出過ぎてもいけなく、それでいて欠かすことのできない大事な役。この絶妙なバランスをやってのけたのは驚きの一言だ。

さて、「悪人」の時は、突拍子も無いストーリーだとその時点で感情移入ができない、という意見が聞かれた。しかし本作は取っ掛かりこそ異質だが、その後も描写は丁寧にされているので、感情移入ができないという事は少ないだろう。(男性には理解できない人がでるかもしれない)希和子の母性を存分に感じ、感情に身を任せ素直に楽しめる作品だ。また、やはりこういった作品はやはり日本人しか作れない。邦画の醍醐味を存分に味わうべきだ。

評価:★★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
私はribbonのファンクラブにも入っていたこともありまして、永作さんの変わりように驚いている一人です。
アイドル下火で売れなくなり、ある意味下積みが結構あった上で女優として花開きましたよね。まったく恐れ入ります。
2011/05/24(火) 02:10 | URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]
ファンクラブに入られていたとは!恐れ入りましたw
ribbon時代には、まさかこんな大女優になるとは思ってもいませんでした。

KLYさんが仰る通り、長い下積みから女優として開花しましたが、本作はやはり母親になった事が大きいように思います。明らかに今までと一線を画している印象です。
2011/05/24(火) 02:47 | URL | Nightwalker #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/183-2a316ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/05/24/02:09 | LOVE Cinemas 調布 | 八日目の蝉 角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共...

2011/05/24/03:02 | 単館系 | 八日の目の蝉(2011-027) 角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれてす...

2011/05/24/03:07 | 23:30の雑記帳 | 映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。 2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ...

2011/05/24/05:12 | 佐藤秀の徒然幻視録 | 八日目の蝉 公式サイト。角田光代原作、成島出監督、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン。生まれたばかりの ...

2011/05/24/06:17 | オールマイティにコメンテート | 「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い 映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...

2011/05/24/07:14 | あーうぃ だにぇっと | 八日目の蝉 3月24日(木)@一ツ橋ホール。 ほぼ2週間ぶりの一般試写会。 この間ムダになった試写状たくさん。

2011/05/24/07:56 | よくばりアンテナ | 映画『八日目の蝉』 なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やってたんだなぁ・・...

2011/05/24/08:00 | 映画のブログ | 『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは?  【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...

2011/05/24/09:24 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | 八日目の蝉 公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ...

2011/05/24/09:27 | カノンな日々 | 八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子 直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...

2011/05/24/10:53 | ようこそMr.G | 映画 「八日目の蝉」 映画 「八日目の蝉」

2011/05/24/14:21 | 新・辛口映画館 | 映画「八日目の蝉」@よみうりホール    

2011/05/24/20:54 | みはいる・BのB | 『八日目の蝉』('11初鑑賞65・劇場) ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。

2011/05/24/21:26 | シネマDVD・映画情報館 | 八日目の蝉 八日目の蝉 監督:成島出 出演:井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/劇団ひとり/余貴美子/田中泯/風吹ジュン 内容:不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の...

2011/05/24/22:30 | ノラネコの呑んで観るシネマ | 八日目の蝉・・・・・評価額1750円 蝉は何年間も地中で成長し、やっと地上に出て成虫になると、僅か七日で死ぬという。 仲間が皆死に絶える中、もしも生き残った「八日目の蝉」がいたとしたら、それは蝉にとって幸せな事なのだろうか?不幸なの...

2011/05/24/22:50 | だらだら無気力ブログ | 八日目の蝉 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として濃…

2011/05/25/10:50 | てんびんthe LIFE | 「八日目の?」 「八日目の?」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-039 角田光代さんの同名小説。 蝉は7日間しか生きられない。 8日目を生きればみなくてもいいものを見てしまう。 というような事を言っているのだそうです。 がそんなメッセージは全く感じ取ることが出?...

2011/05/25/18:37 | ダイターンクラッシュ!! | 八日目の? 2011年5月3日(火) 15:25~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『八日目の?』公式サイト 檀れい主演のドラマを一話だけ観た。小説は、例によって読んでいない。 ドラマでは、岸谷五朗との恋愛未満な描写があったりした...

2011/05/26/21:46 | 菫色映画 | 八日目の蝉 2011年 日本 監督:成島出 出演:井上真央    永作博美    小池栄子    森口瑤子 八日目の蝉が見たもの。 ネタバレ有りです。 雨の日に起きた誘拐事件。 誘拐さ ...

2011/05/27/14:18 | えいがの感想文 | 八日目の蝉 2011年 監督:成島出 出演:井上真央    永作博美 無責任な男によって、人生を大きく狂わされた女たち。 もう男に何も期待してない。 女の世界だけで、苦しみや恨み、様々な思いが渦巻いてる。 母性って、いつ芽生えるものなんだろう。 実の母親より...

2011/05/27/18:03 | ケントのたそがれ劇場 | 八日目の蝉 ★★★★  自分は堕胎したため、子供の産めない体になってしまった希和子。そして捨てられた愛人の本妻には、可愛い女の子が産まれる。 ある雨の日のことである。愛人の家に不法侵入した希和子は、赤ん坊を誘拐して自分の子供として育てながら、4年間の逃亡生活を送るのだ

2011/05/27/21:32 | 気ままにブログ | 八日目の蝉  4月20日(水)ニッショーホールにて試写会「八日目の蝉」を鑑賞。  4月も下旬だというのに、まだ少し肌寒いこの頃、気持ち厚めのパーカーを着込んで虎ノ門へ。  上映開始15分前に会場入りし、...

2011/05/29/17:15 | 映画@見取り八段 | 【八日目の蝉】愛情と自分探しの旅 八日目の蝉 監督: 成島出    出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、      田中哲司、田中泯 公開: 2011年5月 原作は角田光代氏の同名小説。未読です。 しかし、2...

2011/06/24/00:16 | スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 | 八日目の蝉 ★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。