スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「クロエ」

クロエ  原題:Chloe

00186.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

カナダの鬼才アトム・エゴヤンが家族を愛しながらも満たされない一人の女性が、魔性の女と出会い、徐々に追い詰められていく様をセクシャルに描いた官能サスペンス。主演はジュリアン・ムーア。共演はアマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソン。

婦人科医であるキャサリン(ジュリアン・ムーア)は、大学教授の夫、デヴィット(リーアム・ニーソン)と音楽学校に通う息子、マイケル(マックス・シエリオット)を持ち、一見成功してるように見えるが2人とも自分との間に距離を感じ、満たされない生活を送っていた。そんなある日、夫が浮気しているという疑念を抱く。真実を確かめるため、知り合った娼婦クロエ(アマンダ・セイフライド)に夫を誘惑するよう頼むのだが・・・。

本作は設定が面白く、また、鑑賞前に想像していた結末とは、だいぶ違っていてかなり意外性の高い結末になっていた。まさかそう来るとは思わなかったというのが本心だ。

まず夫の浮気調査をするために、娼婦を雇って試そうとするその発想が面白い。普通なら探偵を雇うところを、わざわざ「試す」事により浮気の有無を確認しようとするあたり、どこか女性の底知れぬ恐ろしさを感じる。そしてその結果、待ち受けるものがこのオチだとはなかなか考えたものだ。

しかしながら、全体的に今一歩盛り上がりに欠ける印象だ。この要因の一つははジュリアン・ムーアの怪演の故と言えると考える。前述の様に話の展開は結構意外なのだが、ストーリーの意外性に対し、キャサリンがあまりにもリアル過ぎるのだ。そのギャップにイマイチ乗り切れなかったように感じた。とても重く悩み苦しむ妻の役だが、普通の作品ならば手放しで拍手を送るところだ。が、本作では前述の通り、そのリアルさが災いしたと考える。もっとオーバーアクションで有り得ないくらい発狂してみたりしても良かったのではないだろうか。ジュリアンというより演出の問題かもしれない。

それとやはりアマンダ・セイフライド演じるクロエだ。実年齢も26歳で大人の魅力が出てくる年齢なのだが、何故か彼女からは妖艶さがそれほど出てきてなかった。むしろ背伸びしてるティーンな印象だ。だからクロエがマイケルとの関係を語るも、それほど脳が刺激されない。観客が想像を掻き立てを入り込んで行く大事なシーンが不発に終わっているので盛り上がりに欠ける感じを抱いてしまった。

最も驚きだったのは、リーアム・ニーソンが殺人はおろか、何一つ破壊しない所だ。こんな平和な彼を見るのは何て久々なんだろう。と茶化しつつも、劇中では相変わらずダンディな夫役だった。キャサリンが嫉妬するのもうなずける。

それぞれの役者の実力は高いものの、その持ち味を発揮できなかった様に思えた。キャスティング、もしくは演出をもう少し熟慮していたらもっと魅力的な作品になっただろう。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/186-75d64be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/06/08/02:50 | ダイターンクラッシュ!! | CHLOE/クロエ 2011年6月1日(水) 19:35~ TOHOシネマズシャンテ1 料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:未確認 『CHLOE/クロエ』公式サイト ジュリアン・ムーアが、アマンダ・セイフライドを刺客に、リーアム・ニーソンの浮気を調査。 リーアム・ニーソンが、ズルズ?...

2011/06/08/06:37 | Memoirs_of_dai | クロエ 悪女 アマンダ・セイフライド 【Story】 家族3人で幸せに暮らすキャサリン(ジュリアン・ムーア)はある日、夫デヴィッド(リーアム・ニーソン)と教え子の浮気を疑い始め、偶然出会った娼婦クロエ(...

2011/06/08/08:24 | 佐藤秀の徒然幻視録 | クロエ 公式サイト。原題:Chloe。アトム・エゴヤン監督、ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド、マックス・シエリオット。 なぜだか知らないけれど、最近やたら ...

2011/06/08/09:02 | カノンな日々 | クロエ/ジュリアン・ムーア、アマンダ・セイフライド ジュリアン・ムーアにリーアム・ニーソンにアマンダ・セイフライドとつい最近『キッズ・オールライト』『アンノウン』『ジュリエットからの手紙』と三人それぞれの主演作を観たば ...

2011/06/08/09:33 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | クロエ 公式サイトこの官能サスペンスは、キャスティングが絶妙。話そのものは陳腐でさえあるのに、品格を失わないのはジュリアン・ムーアの演技力のおかげだ。産婦人科医キャサリンと、 ...

2011/06/08/12:20 | LOVE Cinemas 調布 | クロエ フランス映画「恍惚」のハリウッドリメイク。夫の浮気を疑うあまり、娼婦を使ってまで夫を試そうとした妻が予想外の方向へと追い詰められてゆく姿を描いた官能サスペンスだ。主演は『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーアと『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・...

2011/06/08/22:24 | シネマDVD・映画情報館 | クロエ クロエ 監督:アトム・エゴヤン 出演:ジュリアン・ムーア/リーアム・ニーソン/アマンダ・セイフライド/マックス・シエリオット 内容:女医として成功し、愛する夫と息子の三人で、何不自由のない幸せな人生を歩んできたキャサリン。だがある日、夫に浮気の疑惑が浮...

2011/06/09/00:21 | シネマ親父の“日々是妄言” | 「クロエ」官能的に恐い!  吾輩、常々女性というのは恐い生き物だとは思ってました。その思い、この映画を見て更に強くなりました。「クロエ」(ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン)。官能的に妖艶に、女性の本質的恐ろしさが描かれています。  産婦人科医として成功し?...

2011/06/10/11:10 | 風に吹かれて | クロエ 若くて美しい魔性の娼婦 公式サイト http://www.chloe-movie.jp2003年のフランス映画「恍惚」のハリウッドリメイク作品監督: アトム・エゴヤン  「秘密のかけら」トロントの産婦


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。