スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉  原題:Pirates Of The Caribbean : On Stranger Tides

00188.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

もうジョニー・デップのライフワーク作品とも言って過言ではなくなった、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第4弾。今回は永遠の命をもたらすといわれている、「生命の泉」を探しに、黒ひげや英国に仕えるバルボッサ、そしてスペイン海軍までも巻き込んだ冒険が描かれる。監督も前3作とは変わり、ロブ・マーシャルとなる。

相棒を救うためにロンドンに降り立ったジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。しかし、生命の泉の場所を知るジャックは、英国に仕えるバルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)に追われ、再会したアンジェリカ(ペネロペ・クルス)と共に逃げるが、アンジェリカに拉致され、無理やり黒ひげ(イアン・マクシェーン)の船に乗せられてしまう。生命の泉を求め、黒ひげ、バルボッサ、スペイン海軍の三つ巴の戦いに巻き込まれたジャックの運命は・・・。

さて、4作目に入ったこのシリーズ。今回は、前回からのストーリは継承せず、監督も変わり、心機一転を狙った(と推定した)。が、やはり展開は、良くも悪くもパイレーツシリーズだった。

ストーリー自体は非常に堅く、生命の泉で永遠の命を得るには、聖杯と人魚の涙が必要で、それを探し、苦労して生命の泉に辿りつく。まぁこんな感じだ。冒険ものの王道だろう。このシリーズ伝統的に、その一つ一つのシークェンスにしっかりと山場を作って魅せる事で、飽きさせない工夫がされていることだ。そしてそこに笑いがあり、ハラハラがあり思わず引き込まれてしまう。本作も例外なくこの手法が使われ、長丁場の作品に関わらず、思わず見入ってしまった。

しかし、悪く言えばそれ以上が無いのである。これも見事に継承されていた。正直言ってしまうと、このシリーズは観た直後までは面白いのだが、何故か1週間位するとその内容をすっかり忘れてしまう。サマリーを見せられると思い出すのが、自発的に思い出すのは相当苦しい。このシリーズよりはるかに長い24全シリーズの方が、もっと鮮明に記憶できている。残念ながら本作も全く同様な印象だ。また、あれだけ個性的なキャラクタが多いのに、意外とジャック以外の印象が薄いのも気になる。

エンディングからはまだ続きがあるようだ。興行収入から見てもまだまだ集客力はあるので、当然続編は作られるだろう。しかし、続きが気になって仕方がない、という作品では無いので、出たら観るけど、無くても良いやってなってしまう感じか。

ファンには申し訳ないが、ワタクシの本シリーズに対する印象はそれほど良くない。評価はご自分で補正して頂きたい。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/188-f67f75ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/06/13/02:46 | LOVE Cinemas 調布 | パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 大人気「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第4弾。今回はキャプテン・ジャック・スパロウが永遠の生命をもたらす泉を求めて新たな冒険を繰り広げる。おなじみジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュといったレギュラーメンバーに加え、新に女海賊役でペネロペ・...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。