スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

X-MEN:ファースト・ジェネレーション  原題:X-MEN: First Class

00189.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

あのX-MENシリーズの誕生にまつわるストーリー。彼らがどうやって集まったか、何故プロフェッサーXとマグニートーが対立するようになったのかが、鮮明に描かれる。監督は、「キック・アス」のマシュー・ヴォーン。

1960年代のアメリカ。チャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)はテレパス能力を持つミュータント。彼は遺伝子の突然変異について論文を書き、大学教授となった。同じくミュータントであるエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)は、子供の頃、ナチスの強制収容所で母親を殺され、その怒りから磁力を操れる様になり、母親の復讐に奔走していた。ある日、エリックの仇でもあるセバスチャン(ケヴィン・ベーコン)がヘルファイヤ・クラブを立ち上げ、世界征服を企てる。それを阻止するため、チャールズとエリックは手を取り合い、セバスチャンに立ち向かうが・・・。

いきなりだが、シリーズの中では一番面白かったのではないだろうか。X-MENシリーズというとミュータント同志、そして人間との確執が主なテーマで、何故そうなるのかあまり描かれていなかった。丁度バットマン・ビギンズでどうやってジョーカーが生まれたのかを描いたのと同じく、どうやってプロフェッサーXとマグニートーが対立するかが描かれる。それがバットマンよりもより情緒的に描かれており、彼らの想いが良く伝わってくる。そして、彼らだけではなく、ミュータントという人間から見れば特異な存在の彼らが心に秘める揺れる想いに、より惹かれてしまう。

原作で本作の部分が描かれているのかは知らないが、敵役のセバスチャンの設定などとても上手く、ストーリーを組み立てる上で重要な要素だ。

また、今までの作品はミュータントがその能力で活躍する事がありきだったので、回が進むにつれ、より激しいアクションに傾倒せざるを得なかったが、本作はまだ皆が力を使いこなせていないため、近代兵器も十分活躍する状況だ。それらを上手く組み合わせて見せるクライマックスは新鮮だし、引き込まれてしまう。

X-MENを観た事のある人ならば、見なれたあのキャラクタがどうやって生まれたのかが良く分かり、それが結構ドラマチックに描かれるので注目だろう。思わずニヤリとしてしまうこと間違いなしだ。加えて派閥の変遷も思わず感心してしまった。この作品を観てから、今までのシリーズをもう一回観るとまた違った見方や感想が湧いてくるに違いない。それほど、本作の影響は大木のではないかと考える。

ストーリーの組み立て方や見せ方が上手いなと思っていたところで、監督の名前を見たら、あの「キック・アス」のマシュー・ヴォーンだった。またもやアメコミ作品だが、彼は観客が見入ってしまう見せ方を熟知しているのだと、この作品で確証した。次回作にも期待したい。

評価:★★★★★★★★☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/189-53415140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。