スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「メタルヘッド」

メタルヘッド  原題:Hesher

00198.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

破天荒だが心優しい青年と、母を失い傷ついた少年との不思議な交流を描いていくヒューマンドラマ。主演は「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィット。監督は新鋭のスペンサー・サッサー。

母親を交通事故で亡くしたTJ(デヴィン・ブロシュー)。ある日TJの家に突如ヘッシャー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が住み着いてしまう。母親の死から逃れられないTJだが、破天荒なヘッシャーに振り回されいるうちに・・・。

ストーリーはかなりベタで、良くドラマでもありそうな、見た目ややる事が破天荒な主人公が、根が優しい事から、その時折見せる暖かさに心が動かされる、といった展開だ。

このヘッシャーのやる事はかなり度が過ぎていて面白いし、こういうストーリーは嫌いじゃないのだが、どうしてもヘッシャーの普通の時と、イカレてる時のギャップが大きく、どちらかを基準にすると、もう片方がやらされ感でいっぱいな様に見えてしまい、感情移入があまりできなかった。観終わった後に、何か物足りない感じがしたのだが、後で振り返ってみるとこういう事だったのだろう。

そうは言っても、塞ぎ込んでいるTJ親子と自分が何となくラップし、閉塞感が漂いがちな日常に対して、ヘッシャーのとにかく自分の気持ちに対してストレートに行動に移していく様は、心を大きく揺さぶられた。

ナタリー・ポートマンも出演している。彼女は本作には制作側として携わっているが、恐らく予算削減などから自身が出演したといったところか。あまりぱっとしないフリータが、こちらはヘッシャーだけでなく、TJから力を貰って立ち直っていく。こういう良い連鎖は分かっていながらも、観ていて心地よい。

いずこと消えてしまうヘッシャー。それは人々に希望をもたらすために地上に降り立った神が、その姿を隠すために破天荒なメタラーを演じている様にも見えた。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
ですです。ヘッシャーはメタラーの形をとった神、或いはその使い。私もそう思います。結局あの親子の再生が終了したらサッと消えるあたり、正にそのためだけに登場したかのような。ジョセフのギャップが面白かったです。
2011/07/10(日) 22:49 | URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/198-a3dd846c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/07/10/02:02 | LOVE Cinemas 調布 | メタルヘッド やることなすことぶっ飛んでいる青年ヘッシャーが、母の死から立ち直れないでいる13歳の少年とその父親の前に突如現れる。過激な言動に戸惑いながらもそんな彼のお陰で少しずつ立ち直ってゆくのだった…。主演は『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『...

2011/07/10/10:22 | Memoirs_of_dai | メタルヘッド 脇でもインパクトを残すナタリー・ポートマン 【Story】 自動車事故で母親を亡くした少年TJ(デヴィン・ブロシュー)は途方に暮れた生活を送っていたがそんなある日、一風変わった男ヘッシャー(ジョ...

2011/07/20/01:06 | ・*・ etoile ・*・ | 『メタルヘッド』 '11.07.13 『メタルヘッド』@渋谷シアターN これ見たかった! だってジョセフ・ゴードン=レヴィットがメタルになるんだよ! それは見なきゃ(笑) ということで、『ムカデ人間』観賞の際、盛り上がってtomocoさん、migちゃんと3人で行く予定だったんだけど、残念ながら都...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。