スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン  原題:Transformers: Dark of the Moon

00209.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

遂にシリーズ完結。ラストはマイケル・ベイ監督初となる3DとなるSFアクション大作。オートボットとディセプティコンの戦いに終止符が打たれる。主演は引き続きシャイア・リーブ。ヒロインはどこかアンジーを彷彿とさせるロージー・ハンティントン=ホワイトリー。

1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功したその裏ではNASAとアメリカ政府がひた隠しにする事実があった。それは月の裏側に隠されていたサイバトロンの不時着した宇宙船があった。そして大人になったサム(シャイア・リーブ)はシカゴに。そこでまた新たな戦いに巻き込まれていく・・・。

このシリーズは回を追うごとに演出が派手になり、戦闘も激しくなっていき、もはやある種お祭りと同じだ。その祭りが3Dで上映されるとなれば、もはや余計な事を語る必要はあるまい。

美しい造形を持ったクルマが、瞬間的にロボットに変形し大乱闘を始めるのだ。加えてシカゴのど真ん中で人が死ぬとかというレベルでは無く、木端微塵にされる思い切りの良さ。そしてスクリーンの端から端まで余すことなく描かれた、おびただしいほどの瓦礫や爆風。良くトランスフォーマー(以下TF)2以降、スクリーンがビジー過ぎて訳が分からんという意見を目にするが、個人的にはこれで正解だと考える。仮に実際に起きたらきっとこうなるはずだ。ワタクシはこれをリアリティと解釈する。

もうサイバトロン、ディセプティコンとも連中の格好良さを今更語る必要は無いだろう。オートボット軍団の洗練されたクールさと、ディセプティコンの悪役らしい、スケールの大きさはとても対照的で大きな魅力となっている。

ストーリー展開もこれぞハリウッド的な流れで、恋愛あり、結束して立ち向かうあり、ピンチありだが、これはこれでOKだろう。

3Dは今回IMAXでの鑑賞だったが、色々な工夫が見て取れた。様々な飛び散りものが強い3Dで描かれていて、飛び出し感だけに焦点が行きがちだが、かなり遠近感に気を使っている様に感じた。

アバターでは奥行き感が素晴らしかったが、本作は3Dをすぐ目の前で事件が起きている様な錯覚を見せる事にも気を使っている様に見て取れた。まず奥行き感の最たるは月のシーンだ。人物に比較的強い3Dをかけつつも、背景の後ろの方までピントを合わせ無限感を出している。これはアバターで体験したのと似た手法だ。

次に目の前で起きてる事例は、例えばNASAのシーン。人物に3Dを強くかけつつ背景をぼやかす事で、すぐ目の前で相手が喋ってる感覚に陥る。それとフライングスーツで降下するシーンだ。これも兵士に強い3Dが掛かっているが、背景はぼやけているものの凄いスピードで流れている。これにより、兵士の真後ろから自分も一緒に降下している様な錯覚を受ける。このフライングスーツのシーンはCGではなく実写なので、尚更リアリティが増している。

映像がビジーなシーンが多いので、そういうところではあまり強い3Dは期待できないものの、3Dを使い切ろうという気概が存分に感じられた。

さて色々振り返ってみると、細かい(くもないかもしれないが)難点は幾つもある。何故突然ヒロインが変わるのかから始まり、オプティマスが未だに少々間抜けだったり、オートボット軍団が突然捕虜になっていたり、挙げ始めたらキリが無い。しかしそんな事はどうでも良いのである。これはお祭りなのだから。鑑賞しながら叫んでみたり、ちょっとウルウルしてみたり、やり過ぎ感に開いた口が塞がらなかったりして楽しめれば良いのである。

本シリーズは完結してしまい残念だが、作が進むに連れマイケル・ベイの作品に込められた魂の強さがより感じられるだろう。作風含め好き嫌いはあったとしても、間違いなくSFアクションの名作だ。

評価:★★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/209-83e8f320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/08/01/02:04 | ダイターンクラッシュ!! | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 2011年7月28日(木) 20:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1400円(レイトショーvit購入1100円+メガネ持参3D料金300円) パンフレット:600円(買っていない) 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』公式サイト 破壊王マイケル・ベイのシリーズ3作目は、より...

2011/08/01/03:00 | ディレクターの目線blog | 映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D 字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります 映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D 字幕版)』(公式)を、初日のレイトショーにて鑑賞。終演時間が24時過ぎにも関わらず観客は約100名ほどと流石の人気。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら65点。一言で表現すれば、「始めチョ?...

2011/08/01/03:09 | LOVE Cinemas 調布 | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 大人気「トランスフォーマー」シリーズ第3弾。製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、そして監督マイケル・ベイというお馴染みの超人気コンビによるSF大作だ。最終章の本作では、いよいよディセプティコンの本格的な地球侵略が始まり、それにオプティマスたちオートボ...

2011/08/01/05:35 | 日々“是”精進! ver.A | 劇場鑑賞「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」 最終決戦 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107290004/ トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン posted with amazlet at 11.07.26 オリジナルサウンドトラック ワーナーミュージック・ジャパ?...

2011/08/01/05:42 | あーうぃ だにぇっと | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 7月19日(火)@パラマウント試写室。 パラマウントの試写室はオフィスから近い。 自転車だと5分ほどでついてしまう。 わりと早く行ったつもりだったが、既に10人ほどが三々五々並んでいた。 直前までマスコミ試写が行なわれていたらしく、18時すぎにプレスを...

2011/08/01/08:18 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン「トランスフォーマー」シリーズの第3弾はド迫力の3D映像が堪能できる。驚異的な映像と大雑把なストーリーがマイケル・ベイらしい。1 ...

2011/08/01/08:29 | 佐藤秀の徒然幻視録 | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン2D 公式サイト。原題:Transformers:Dark of the Moon。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督。シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョシュ ...

2011/08/01/08:52 | カノンな日々 | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン IMAX-3D 字幕版/シャイア・ラブーフ 先日『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』をIMAX-3Dで鑑賞したときに予告編を観てその映像クオリティに圧倒されちゃいました。その後すぐに一般スクリーンでの3D予告編も目にしました ...

2011/08/01/10:17 | Akira's VOICE | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ド迫力を無心で楽しもう!!!  

2011/08/01/15:19 | 心のままに映画の風景 | トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功。 全世界が見守った歴史的偉業の陰で、飛行士たちは、ある極秘任務をこなしていた。 NASAとアメリカ政府は、月の裏側に未知の金属生命体であるトランスフォーマ...

2011/08/01/17:48 | B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら | メガトロンのプライド。 【映画】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 【映画】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮 マイケル・ベイ監督のタッグ TF第3弾。 【あらすじ】 1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功し、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは人類で初め?...

2011/08/01/23:10 | オールマイティにコメンテート | 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」2Dアポロ計画に隠された先にみた地球侵略と友情の絆で結ばれたトランスフォーマーとの共闘 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」はトランスフォーマーシリーズ第3作目のファイナル作品で、1960年代に月で衝撃波を感知したアメリカ政府が月へ人類を向かわせたその裏 ...

2011/08/02/00:33 | SOARのパストラーレ♪ | 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』・・・使いっ走りたちのプライド 待望のシリーズ第三弾! いや~今回もすっかり楽しませていただいた。長尺が全く苦にならない怒涛のロボアクション! 特に終盤のシカゴ決戦は圧巻だ。オートボットとディセプティコンのファイナルバトルに人類も果敢に加わっての死闘に息をつく間もなかった。 ド派手な...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。