スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ハリー・ポッターと賢者の石」

ハリー・ポッターと賢者の石  原題:Harry Potter And The Sorcerer's Stone

00216.jpg

【allcinema】  【IMDb】

言わずと知れた世界で人気のハリー・ポッター。少年達が魔法学校で魔法使いになるための学生生活と、生まれ持った運命にまつわる冒険を描く。主演はダニエル・ラドクリフ。共演はルパート・グリント、エマ・ワトソン。

両親を亡くし、親戚に預けられていたハリー(ダニエル・ラドクリフ)にホグワーツ魔法学校への入学許可証が届き、入学する。ロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らの仲間と共に学校で活躍するも、学校のどこかに隠されているという賢者の石を巡る謎に巻き込まれていく・・・。

ワタクシは今までまともにこのシリーズを観たことが無かったため、最終話の公開に合わせ、DVDで「ハリポタマラソン」と称し、一気見する事にしました。

その1作目である本作は、魔法学校での生活やイベント、魔法の学び方、そして何と言ってもこの世界観を理解するためにあると言っても過言ではない位、様々な事が起きる。そのため、世界観の描写をしつつ、賢者の石にまつわる冒険が繰り広げられるため152分という長尺になるので注意が必要だ。

元々原作が児童向け文学のために、ストーリーも過激な所も無く、比較的穏やかな展開で大人には少々物足りない部分もあるものの、ファンタジー全開の世界とその美しい映像が良く補われていて、大人も楽しめる内容となっている。

このシリーズが上手いなと思うのは、本作でヴォルデモートの存在が明らかにされ、壮大なストーリーを感じさせるも、アイテムを集めるというクエストがそれぞれのクライマックスになっているので、キーパーソンさえ押さえておけば途中からでも十分楽しめる点だ。またそれを学期の区切りとしているので、「ハリーポッターシリーズ」というパターン化を作ってるため、観る方は安心感が生まれる。なかなかここまでシリーズ化される映画は最近ではない(SAW位?)が、導入と終わり方が同じという面白い工夫と言えるだろう。

評価は作品としては良いものの、ワタクシには内容的に物足りない感じだったのでこのスコアだ。ファンタジーファンや原作ファンは納得できる内容だろう。

評価:★★★★★☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/216-9230a97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。