スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ブロークン・イングリッシュ」

ブロークン・イングリッシュ。 原題:Broken English

00022.jpg

アメリカ人のノラ(パーカー・ポージー)と恋人を追いかけてNYまでやってきたフランス人の
ジュリアン(メルヴィル・プポー)の恋愛ストーリー。

タイトルのブロークン・イングリッシュとは、ジュリアンが話す英語の事だと思われます。

30歳前後で、「結婚」という言葉に焦りや不安を感じた事がある人には、または恋愛ものの王道を好む人にはツボにはまる作品だと思います。

今までチャンスを逃してしまい、新しい相手を探そうと果敢に挑むも全て失敗。
好きな人を追いかけて来てみたものの、結局相手は見つからず、自分は1人で良いんだと言い聞かすように、自らを慰めながら元の生活に戻ろうとする。が、土壇場で運命的に意中の人と出会う事ができハッピーエンド。

結構ありがちなストーリーなので、ある意味安心して見てられるんですが、もうひとひねり欲しかったなぁ。この2人の主人公達が付き合っていた相手って、俳優だったり女優だったりするんだし、(ジュリアンの追っかけてきた女優ってモヒカンと付き合ってた女優?)、はたまたジュリアンの仕事場が映画の撮影現場なので、そこでみんなはち合わせで一波乱とか・・・、やり過ぎ!?

パーカー・ポージーという女優は初めて見たと思うんですが、こんなに普通の表情をさらっと演じるところなんかは素晴らしかったですね。起きぬけの顔なんか、やれって言われてもできないし、普通は(笑)

一番印象に残ったセリフが、結婚は契約であり、愛を求めるものじゃない、的な部分。
確かに、これが皆わかってりゃ、アメリカみたいに離婚率50%は行かないよね(汗)

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/22-0984f7d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。