スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ツリー・オブ・ライフ」

ツリー・オブ・ライフ  原題:The Tree Of Life

00224.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

シン・レッド・ラインのテレンス・マリックが放つ、50年代のアメリカの家族を題材にし、訴えかける映像によるヒューマン・ドラマ。本作はカンヌ映画祭の最高賞であるパルムドームを受賞している。

ジャック(ショーン・ペン)は心の奥底に、弟の死がもたらした深い喪失感未だ抱いていた。少年時代の厳格な父親(ブラッド・ピット)との確執、母親(ジェシカ・チャステイン)との関係等を振り返り、その思いが、実にアーティスティックな映像で表現されていく。

本作は、公式サイトなどで書かれている通り、マリック版「2001年宇宙の旅」と評される。これはそれの後半部分に事を指しているのだが、まさにその通りで、とにかく「感じる」映画に仕上がっている。

ストーリーなど皆無であり、結果論としてそれがあったとしても何の意味を成さない。前述の通り「感じる」映画のため、そもそも不要である。

ここからは勝手な推測でしかないのだが、マリックは、「こういう気持ちの時はこういう映像表現をしたい」というのを多数ストックしていたのではないだろうか。そしてそれがある程度溜まったところで、作品として成立する様、それらしい脚本を仕立て上げ、その映像を乗せていったのではないだろうか。だからこそ、ストーリー性など二の次なのだと詮索してしまう。

一度見ただけでとても理解しきれるものでもなく、また強い宗教感や高い芸術性が理解をさらに難解にさせる。そう、ここで大切なのは理解しようとするから難しいのだ。何かの心理テストの様に、「この絵を観て何を思うか」的に考え、インスピレーションだけで鑑賞しても何の問題も無い、寧ろそれが正しい見方に思える。

もはや解説などしようにもしきれないし、もしかしたら意味が無いことかもしれない。

さて、この凄まじい映像を「繋ぐ」ものの中に、各俳優陣の名演があるわけだが、とりわけ、子役3人、その中でもジャック役のハンター・マクラケンは光っていた。恐らく本作がデビュー作だが、厳格な父と温和な母に挟まれ、葛藤の中で成長する様は、あまりに自然でドキュメンタリーでも観ているかの様だ。これを狙って演じているのであれば末恐ろしい子役だ。

さて評価だが、アーティスティックな作品としてはかなり評価できるのだが、映画作品として分かりづらいのは確かだ。マリックだからというのもあるだろが、その辺のバランスさせるとこの位だ妥当だろう。

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
映画好きのるぃなと申します。
はじめてコメントさせていただきます。
私もこの映画は観てきました。
観る前は、父子愛の話だと勝手に思い込んでいたので、観終わったときは「???」という感じでした。
インスピレーションだけで鑑賞するというのはすごく参考になりました。
意味を考えてしまうと、おもしろさが半減してしまいますものね。
また遊びに来ます☆
2011/09/25(日) 07:11 | URL | るぃな #tZDc9YLU[ 編集]
るぃなさん

コメント&フォローありがとうございます。

映画を観るときは、話の組み立て方や意味を考えがちですが、この作品は観てる途中でいくら考えても分からなくて、いったん考えるのを諦めました。そうしたら、意外とすんなり入ってきたので、こういう感想にしました。

たまにはこういうアーティスティックな作品も良いですよね!

今後もよろしくお願いします!
2011/09/25(日) 08:36 | URL | Nightwalker #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/224-7f51ebf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/09/19/05:01 | 日々“是”精進! ver.A | 劇場鑑賞「ツリー・オブ・ライフ」 人生を、見つめ直しませんか・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108120004/ The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack) posted with amazlet at 11.08.09 Tree of Life Lakesh...

2011/09/19/08:09 | 佐藤秀の徒然幻視録 | ツリー・オブ・ライフ 宇宙の一生と人間の一生 公式サイト。原題:THE TREE OF LIFE。テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ ...

2011/09/19/08:45 | 映画のブログ | 『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか?  エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。  一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。  『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...

2011/09/19/10:19 | ダイターンクラッシュ!! | ツリー・オブ・ライフ 2011年8月17日(水) 20:45~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:未確認 『ツリー・オブ・ライフ』公式サイト そもそも2時間20分くらいと長尺なのだが、体感時間は4時間くらいだ。 冒頭、物語の設定紹介的な話が終了すると、?...

2011/09/19/10:53 | みはいる・BのB | 『ツリー・オブ・ライフ』 ('11初鑑賞109・劇場) ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 12:50の回を鑑賞。

2011/09/19/14:40 | こねたみっくす | 『ツリー・オブ・ライフ』 この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。 寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ...

2011/09/19/22:43 | 大江戸時夫の東京温度 | 「ツリー・オブ・ライフ」:壮大さと催眠効果 カンヌのパルムドール(最高賞)に輝く映画『ツリー・オブ・ライフ』は、相変わらずと

2011/09/20/08:52 | ノルウェー暮らし・イン・原宿 | 「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期 ロンドンで最後にできたフリーな1日。 貴重な1日をどう過ごそうか? 勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね~ 貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」 はてさて・・・

2011/09/20/12:31 | 風に吹かれて | ツリー・オブ・ライフ 地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ

2011/09/20/16:26 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | ツリー・オブ・ライフ ブラッド・ピットとショーン・ペンというハリウッドを代表する2大演技派スターが初共演を果たし、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた話題作!監督を務めるのは ...

2011/09/20/17:03 | 真紅のthinkingdays | いのちを巡る物語~『ツリー・オブ・ライフ』  THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。 都会で...

2011/09/20/23:16 | 悠雅的生活 | ツリー・オブ・ライフ 神の創造。生命の繋がり。魂の帰るところ。

2011/09/21/02:06 | ・*・ etoile ・*・ | 『ツリー・オブ・ライフ』 '11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写状届いた時はガッツポーズだった(笑) *...

2011/09/21/18:21 | 5125年映画の旅 | ツリー・オブ・ライフ 事業に成功したジャックだったが子供の頃、弟が死んだ事が心のしこりとして未だに残っていた。少年時代、ジャックは厳し過ぎる父に反発心を抱いていた。漠然としていた不満はやが ...

2011/09/21/20:35 | ノラネコの呑んで観るシネマ | ツリー・オブ・ライフ・・・・・評価額1650円 人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・? 「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。 二世代...

2011/09/23/23:33 | てんびんthe LIFE | 「ツリー・オブ・ライフ」 「ツリー・オブ・ライフ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2011-059 騙されたとか騙されないとかそんなレベルではなく、好きか嫌いか? 又は受け入れられるかできないか。 そういった受け入れ方を左右される作品でした。 キリスト教という宗教色も強いですが、幸...

2011/09/28/18:50 | 日々のつぶやき | 【ツリー・オブ・ライフ】 監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン  父さん、あの頃の僕は、あなたが嫌いだった 「仕事で成功しているジャック、中年と言われる年代になり、過去の自分を振り返る。 のどかな田舎で弟二人と両親と暮らしていたジャック、一見平和


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。