スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ハンナ」

ハンナ  原題:Hanna

00238.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

ある男に一人の少女が暗殺者として育てられ、16歳に成長したある日、ある男の元同僚のCIA捜査官への復讐を描く、アクションサスペンス。「ラブリー・ボーン」のシアーシャ・ローナンが本格的なアクションを学び、派手なアクションシーンを自らこなしていることで話題になった。共演はエリック・バナ、ケイト・ブランシェット。監督はジョー・ライト。音楽にケミカル・ブラザーズが起用されたのも話題に。

元CIA工作員の父にフィンランドの山奥で人知れず育てられた16歳の少女、ハンナ(シアーシャ・ローナン)。父の持つ全てを注ぎ込まれ、あらゆる戦闘能力を身につけていた。そんなある日、外の世界への興味が断ち切れず父のもとから旅立つことを決意したハンナ。父はそんな娘に、かつての同僚であるCIA捜査官マリッサ(ケイト・ブランシェット)に命を狙われる、 “彼女に殺されるか、お前が殺すかだ”と忠告するのだが…。

素材としては面白いのだが、如何せん全てが中途半端な印象だ。昨年のキック・アスで活躍したクロエ・グレース・モレッツに続けとばかりに、派手なアクションを売りにシアーシャ・ローナンが果敢にチャレンジしたものの、どうにも攻撃が軽く見え、とても暗殺者には見えなかった。

また本作は単なるアクションだけでなく、ハンナの生い立ちという重要なファクターも備えている、むしろここが全てのトリガーになっているはずなのだが、仮にこの件が無かったとしても、ストーリーの盛り上がり方に影響があったとは思えないほどの扱いであったのが非常に勿体ない。

音楽も何故ケミカルなのか、この本作の情景描写にテクノを合わせようという発想が理解できない。BGMが浮き気味だったというのが正直な印象だ。トロンのDuft Punkは作品の世界観と彼らの音楽性がマッチしているので良い相乗効果が得られたが、本作のコンビネーションは謎だ。

作品としては一定ラインを越えているので、そこそこ楽しめるのだが、これ程のスタッフを集めてこの内容となると辛辣な感想を書きたくなってしまう。ポテンシャルとしてはもっと上質な作品になるだろう。そういう意味ではタイトルコールの見せ方含めインシディアスと共通している。ワタクシはジョー・ライト監督、シアーシャ・ローナンとも本作で新境地を切り開いた。もうやめた方が良いと取る意見もあるだろうが、ワタクシは敢えて将来の期待も込めてこの評価とした。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/238-c26e38f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。