スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「バーン・アフター・リーディング」

バーン・アフター・リーディング 原題:Burn After Reading

00032.jpg


http://burn.gaga.ne.jp/

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=331863
http://www.imdb.com/find?s=all&q=burn

タイトルの如く、機密文書をチャド(ブラッド・ピット)が拾い、それをネタに持ち主、はたまたロシア相手にまでゆすりを掛ける。その軽い気持ちでやった行動が、周囲の人、さらには本家CIAまでも巻き込む大事に発展するコメディ。しかし、ただのコメディではなく、リンダ(フランシス・マクドーマンド)以外の主要登場人物が片っ端からロクな結末にならないブラックコメディ。

Trailerから想像するスカっとした笑いではなく、あくまで全ての笑いがブラックなので、基本は「にやり」です。この辺が好みが強く出るところですね。

それと恐らくCIAが代表されて今回は出てますが、政府の内部で起こってるアホな権力争いが、末端の市民にはこういう結末で帰ってくるんだ、という風刺性が強く感じられます。

作品としてはかなり面白い部類に入るのですが、有名キャストを使わない方が、もっと思い切ったもっと濃いブラックユーモアが出来たのではないでしょうか。若干中途半端な感じが残ってる感じでした。

この手のストーリーは非常に好きなので、もったいない気分でいっぱいです。

そんな中でも、ハリー(ジョー・クルーニー)が自分で作ったマシンを壊すシーンで、アレがぶるぶるしてたのには爆笑しましたが(笑)

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/32-c4d6e592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。