スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「アベンジャーズ」

アベンジャーズ  原題:The Avengers

00359.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブがロキに奪われ、地球は侵略の危機に陥る。事態を打破すべく、長官のニック・フューリーはヒーローを集めた“アベンジャーズ”を結成する。しかしなかなかまとまらないチームをよそに、ロキの地球侵攻着実に進んでしまう・・・。主演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、サミュエル・L・ジャクソンなど。監督はジョス・ウェドン。

ついにこの日がやってきた!という感じである。MARVELのスーパーヒーロー大集結なお祭り映画である。日本で言えば仮面ライダー大集合!やウルトラ兄弟全員集合!といったところであろう。これらのヒーローが大暴れするのだから期待は高まるのである。

予告からアイアンマンが一番活躍するのかと思いきや、全員がほぼ万遍なくと言って良いくらい活躍し、それぞれに重要な見せ場が用意されているのがとても憎い。この手の作品って活躍する者が偏る傾向がある中で、それぞれの観客の思い思いの御贔屓キャラがしっかり活躍するのだから堪らない。

さて、語りだしたらキリが無さそうなので自身のお気に入り絞って、簡潔に終わるとしよう。ワタクシのお気に入りは「ニック・フューリー」なのである。長官という立場で、皆を指揮するとても重要なポストにつき、冷静に的確な命令を下しながらも、どこか胡散臭さいうか、裏が有り、不意に的に寝返りそうなあの雰囲気がたまらない。本作でもその辺は十二分に描かれていた。今までアイアンマンで登場したがアクションシーンは無かった。しかし今回はロケットランチャーをぶっ放すなど、活躍も見られる。

もっと細かい所、例えば、アイアンマンのスーツはバージョン・アップでどう変わったのか、とかハルクはどうやって自制心を持てるようになったのかだ。突き詰めていきたいのだが時間も無いので誰かに任せるとしよう。

鑑賞前に、マイティ・ソーは最低限観ておくことをおススメする。これを観ておかないと侵略者側(ロキ)のバックグラウンドが分からず、地球侵攻が唐突に思えるからだ。それどできればIMAXでの鑑賞をおススメしたい。3D効果というよりもスクリーンの中に入り込む感が段違いだからだ。

評価:★★★★★★★★☆☆






関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/359-e9cf8a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。