スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「THE GREY 凍える太陽」

THE GREY 凍える太陽  原題:The Grey

00360.jpg

【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

アラスカでの飛行機墜落事故を舞台にしたサバイバルロードムービー。野生動物から作業員を守るハンターの仕事をしていたオットウェイ。休暇で戻ろうとして乗った飛行機が極寒のアラスカで墜落してしまう。襲い来る狼と闘いながら生存者と共に助けを求め移動を始める・・・。主演リーアム・ニーソン、監督ジョー・カーナハン。

出演者、とはいってもすぐ分かるのはリーアム・ニーソン位なのだが、彼らを観るだけの作品としてならば出ずっぱりなので満足だろうが、全体を追うとなかなか厳しいものがある。

ストーリーの一連の流れは良く分かるのだが、全てが淡々と流れる印象なのだ。起きている事象はなかなか大変な事ばかりだとは思うのだが、一番欠乏しているのは各登場人物から、湧き出る様な生きる意志がそれほど感じられなということだ。

殆どリーアム・ニーソンの言うがままに行動し、順調に一人、また一人命を落としていく。もちろん内輪もめもあるが、彼を信頼しきっているの分からないがとにかく従順過ぎて、悪く言えば予定調和的な展開になってしまっているところで興ざめしてしまった。

死ぬかもしれないと感じている人間はもっと必死で冷静になんていられないものだろう。最近の作品だと「エッセンシャル・キリング」や雪山で取り残された「フローズン」などでは、生き抜くための緊迫感や焦燥感が滲み出ていたが、本作ではこれらが殆ど感じられない。

生きる意思の取戻し、生に対する執着心は、終盤で大きなブレークスルーをするのだが、どうも付け焼刃的な雰囲気だ。ここがテーマなら道中でじわじわ来てるものがあるだろうから、そこを掘り下げて、リーアム・ニーソン自身がじわじわ追い詰められる心境を描いた上で、終盤に繋げて欲しかった。(あるといえばあるのだが、寒さで良く表情が分からないし、終盤まで仲間の死はそれほど重要視されていない様に見える)

こうなると細かい所に目が行ってしまう。リーアム・ニーソンの頬の傷の大きさが変わったり、爪の周りは汚れてるのに爪先は綺麗だったり、顔出しまくってるのに凍傷にならないとか、どうでも良い所なのだが。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆




関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/360-531dadbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。