スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「いとしい人」

いとしい人 原題:Then She Found Me

00039.jpg


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=333019

http://www.imdb.com/title/tt0455805/

主人公エイプリル(ヘレン・ハント)とベン(マシュー・ブロデリック)がちょうど離婚した時、養子であったエイプリルを、実母のバーニス(ベット・ミドラー)がやっと見つける。そしてこの2人を軸に、ベンとフランク(コリン・ファース)との恋愛?ストーリーが描かれる作品。なので、Then She(Bernice) Found Me(April).(とりあえずは)

出産への焦り、頼りないマザコン夫、実母のカミングアウト、そして養子コンプレックス。この4つが一斉に展開されるので、一見フォーカスしにくいのですが、テーマは家族(パートナー)の生い立ちは関係なく、愛せる人が家族、って事だとワタクシは思いました。

ヘレン・ハントがヘタするとみんな同じ感じになってしまいそうなこの4つを上手く演じ分けていて、メリハリがあって良かったです。また扱ってる話題が高齢妊娠や養子なので、暗くなりがちですが、ベット・ミラーの明るさで上手くカバーされてます。
ベット・ミラーは最初鬱陶しい感じに見えるのですが、後々で彼女無しにはこの作品はちょっと観れなかったかもしれなかったくらい、ベストマッチなキャラでしたね。

ただちょっと思ったのは、多分この作品は10代、20代が見てもピンと来ないかもしれませんね。養子を迎える事がある意味ステータスなアメリカと違い、あまり一般化してない日本の文化の違いと、やはり扱っている話題が話題なので・・・。

結局、エイプリルは女の子の養子を貰い幸せそうに暮らすのですが、ここがポイントで、原題がThen She(April) Found Me(Adopted Child) と捉える事もできるって所です。もしくはその逆でもOK。
邦題だと全然伝わらないので、凄くもったいないですな。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/39-5661c136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。