スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「ファイナル・カウントダウン」

ファイナル・カウントダウン  原題:The Final Countdown

00048.jpg

http://www.allcinema.net/prog/search_all.php
http://www.imdb.com/title/tt0080736/

1980年の作品ですが、最近やっとDVD化されたので早速チェックです。
実はこの作品、ワタクシは劇場で観ました。あんまり言うと歳がバレるので(笑)止めときますが、当時のワタクシにはF14、それもスカル&クロスボーンのVF-84がもの凄くカッコ良く思え、また原子力空母の凄さを実感した映画でもあります。

他にも、A-6E イントルーダーやA-7E コルセアII、SH-60 シーホークなど戦闘機を覚えるきっかけにもなりましたね。

ストーリーは至って単純で、1971年12月6日の真珠湾攻撃直前の太平洋にタイムスリップしてしまう。

装備も、第二次大戦の時とは桁違いに優れているので、日本の連合艦隊もあっけなく発見できてしまい、ニミッツと連合艦隊の全面戦争に突入か?と思わせるが、そこはちゃんとタイムパラドックスが守られていて、開戦せずにまた現代に帰還する。途中おいてけぼりを食らったオーウェンス中佐(ジェームズ・ファレンティノ)とローレル(キャサリン・ロス)が生きていて、最後には帰還したウォーレン(マーティン・シーン)と年老いた状態で対面するという、一応話の筋は通っている。

ただこの映画の見所はそんな所では無い。
一つは零戦とF14のドッグファイトだ。一応売りの部分ではあるが思っているよりもあっけない。

そんなことより何よりも、戦闘機の発進・着艦シーンの迫力に尽きるだろう。
空母ならではの狭く短い滑走路での発進は、クルーが近くに必ずいるので迫力が増す。
緊急着陸時の緊張感もたまらない。
素直に兵器の格好良さってのを味わえる作品である。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/48-30a408e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。