スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「2010年」

2010年  原題:2010

00049.jpg

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16915
http://www.imdb.com/title/tt0086837/

2010年の始まりということで、ベタですがこの作品を取り上げてみました。
1984年の作品で、当時は26年もすると、木星までいける時代になっていると考えられていましたが、実際はご存知の通り、火星にすら行けてません。

この作品は、ご存知2001年宇宙の旅の続編です。あの大作の続編となると勇気が要りますよね。
前作と大きな違いは、会話が多くなった事で、物語が分かりやすくしようと試みたことでしょう。

2001年は会話の中に解説的なセリフがある訳でもなく、ちょっと難しい所もあったのですが、2010年では、フロイド博士(ロイ・シャイダー)が妻に宛てた手紙を読むセリフを入れたりすることで、状況把握がしやすくなってます。

一方で、その元来持っていた、宇宙ならではの無音感や、船外作業の緊迫感、CGではなくミニチュアを使ったリアル?(ワタクシはこっちの方が好き)な宇宙船、そしてHAL-9000との駆け引きなど、本来のテイストはそのままにされているので、大きな違和感なく楽しめます。

前作は正直ぶっ飛んでる作品で、超名作と言われますが、一般では難しくて良く分からないという意見があるのも事実。本作は、アーティスティックな部分よりも、より広い層にSFの素晴らしさを伝えられる作品に仕上がってると思います。

HALの暴走の理由とモノリスの正体は散々いろんなサイトでネタバレしてるので、そっちを見て貰うとして、とりあえずワタクシはこの一文を心に焼き付けて、再度2001年、そして2010年を皆さんに味わって欲しいと思います。

My God, It's full of stars!

評価:★★★★★★★☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/49-608599cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。