スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「シャッターアイランド」

シャッターアイランド  原題:Shutter Island

00070.jpg

http://www.s-island.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=334301
http://www.imdb.com/title/tt1130884/

精神障害犯罪者だけを収容する孤島、「シャッターアイランド」を舞台に繰り広げられるサスペンス。
監督はマーティン・スコセッシ、主役はレオナルド・ディカプリオというビッグタッグになる。

とにかく宣伝には「謎」をキーワードにしており、特に「全ての”謎”が解けるまで、この島を出る事は出来ない」というのが配給会社のキャッチコピーだし、公式サイトには「謎」のチェックシートまで用意される。

本編に入る前にも、絶対に結末を他人に漏らすな、などそのストーリー性に相当自信を持っているのか、ここでも「謎」に対しての配慮がなされている。

ここまで言われてるので、さすがにあからさまなネタバレはできないんですが・・・。

ストーリーは、この厳重な監視体制が敷かれているシャッターアイランドから、一人の女性が忽然と姿を消した。彼女の部屋には謎のメッセージが残される。この事件を解決するために、連邦保安官であるテディ(レオナルド・ディカプリオ)が捜査に乗り出すミステリー。

ところどころに散りばめられた、謎というか「違和感」を探し推察すると、その真実に到達できる仕組みだ。
しかし個人的には、あまりムキになって探す必要はなく、「あれ?何かおかしいな?」と思う程度十分だ。
それよりも、全体的な閉塞感や違和感のある雰囲気を感じ取り、ラストに繋いだ方が楽しめると思う。
何故なら観ている全員が2時間後には結末を知るのだから・・・。

この作品のキャッチコピーというか、宣伝のポイントは謎解きなのだが、本当にそれで良かったのかと考えてします。
まぁワタクシも半ばそれを期待して行ったのですが・・・。
ぶっちゃけ、そのチェックシートにもある、女性囚人とのインタビュー(RUNって書いたところ)で、もしや・・・と思っちゃたんですよね・・・。
だけど謎解きだと思って、それを期待してたので、他にも色々考えながら観てたんですが、ちょっと残念です。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/70-e12949a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。