スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「メグ・ライアンの男と女の取扱説明書」

メグ・ライアンの男と女の取扱説明書  原題:Serious Moonlight

00081.jpg

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=336091
http://www.imdb.com/title/tt1133993/

日本では劇場未公開でDVDのみのリリースです。
メグ・ライアンが出演するこの手の作品は、大体ハートフルなラブコメやロマンティック・コメディなのだが、この作品はちょっと気色が違う。ブラック・ユーモアに溢れ女の底恐ろしさを感じさせるブラック・コメディです。

ルイーズ(メグ・ライアン)の夫であるイアン(ティモシー・ハットン)は、ルイーズとの結婚生活に嫌気がさし、年下のサラ(クリスティン・ベル)と浮気をしていて、パリに半ば駆け落ちしようとしていた。パリに旅立つ前に別荘サラと会う約束をしていたところに、予定外にルイーズがやってきてしまう。イアンは別れを切り出すが・・・。

単純に言えば、別れたい男と別れたくない女の必死の攻防戦が描かれた作品だ。だがそこにユーモアは垣間見られず、メグ・ライアンはいわゆるサイコな女にしか映らない。それもそのはずだ。パリに行きたいイアンを止めるべく、アクシデントとはいえ気を失ったイアンを椅子に縛り付けて軟禁状態にするのだから。

そしてあの手この手で引きとめ作戦を展開するが、観ていて全て痛すぎる。
というか、ラストまで女の執念深さを感じる、男にしてみればゾっとするストーリーだ。

男は浮気をする。そしてその時女はどうやってその心を取り戻すか?これがこの作品のテーマだ。普通、映画の中で多少サイコっぽい事をやっていても、ユーモアなどで希釈されマイルドに見えるものなのだが、この作品は全てがブラックユーモアに見えてしまい、正直笑えない。唯一はメグ・ライアンがやっている所だけが救いだ(笑)

そして月夜の晩、その術中に見事にハマってしまうイアン。まさにSerious Moonlight。
まぁ男は単純ですからね。

その時、ワタクシはある歌の歌詞が思い浮かんだ。

「月の光でたいていのことは美しくみえるから」

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
初めまして、パッチです。
記事に関係のないコメントで申し訳ありません。

相互リンクのご依頼ありがとうございました。
こちらこそ相互リンクお願いします。
Night Walkerさんのブログへのリンクを一覧の方に追加させていただきました。

これからもマイペースですが、がんばっていきたいと思っていますので
どうぞこれからもよろしくお願いします(^^)
2010/05/31(月) 00:25 | URL | パッチ #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/81-ae0fbcd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。