スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「告白」

告白

00090.jpg

http://kokuhaku-shimasu.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335612

凄く不思議な作品でした。
ハッキリ言うと、劇中で松たか子が言う様に、「バカバカしい」んです。それがどういう訳か、いつのまにか作品に引き込まれ、良く分からないけど、もう本当に俺が悪かった!って言ってしまいそうになる作品です。

ある中学の1年B組の終業日。担任の森口悠子(松たか子)は告白を始める。自分の娘の愛美はこのクラスの生徒に殺されたと。警察は事件として処理したが、真実はそうではない。そして法は許しても、私はあなたたちを許さない、と・・・。

命の重さ、それをまだ精神的にも不安定な中学生の視点と大人というか親の観点から説いていく作品、と社会派的な事を言いたくなるが、全然違うと思う。この作品はエンターテインメント以外の何物でもない。
あまりに身近すぎる設定、青み掛ったモノトーン画面が拍車をかけている重苦しい雰囲気、そして冒頭から最後まで続く妙な緊張感のせいで、重いテーマを主張するように感じるだけだ。まぁ確かに命の重さを論じる事もできるであろう。しかし、それには少々ストーリーの突拍子が無さ過ぎると感じた。

ラストに近い所で、悠子はファミレスの帰り道で、子供から受け取った飴玉を握ったままだと気づく。それを見て崩れ落ちるが、はたと我に帰り「バカバカしい」と一蹴し、また歩きはじめる。ワタクシはこの言葉がこの作品の全てだと思った。中学生はどうでも良い理由で殺人を犯してしまうし、自分はもう愛美は生き返ってなど来ないのに、もし愛美が生きていればなどと思いつめてしまったり、そして色々な手を使って元生徒に復讐している。全てが冷静に考えるとバカバカしいのである。ここでワタクシはちょっとハッとして我に返った(笑)

あと絶対に失敗だったのは、修哉が美月を殺すシーン。これは全く不要だ。
ていうか殴るシーンは一発で良い。

ストーリーはイマイチでも、役者、特に松たか子には何も非の打ちどころが無い。
感情をぐっと抑えて読むセリフは、彼女の怨念深さを助長するように感じ、表情にしても何にしても恐れ入った。
もちろん他のパートも良かったが、松たか子が主役のパートははっきり言って空気が違う。
今回ここが素晴らしかったので、評価はぎりぎりだが5つ星にした位だ。

ハリウッドリメイクの話があったが難しいと思う。
あの雰囲気は日本語の抑揚のなさがあって成せる所も大きいし、何よりもこれをエンターテインメントとして理解して作れるのだろうか。
きっと失敗するだろう・・・なぁんてね(笑)

評価:★★★★★★★★★

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/90-bd245f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。