スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「人のセックスを笑うな」

人のセックスを笑うな

00095.jpg

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=328746


永作博美と松山ケンイチ主演の純愛ラブストーリー。ワタクシは原作を読んでいないので何でこのタイトルになったのか全く分かりませんが、内容は超純愛もの。

ストーリーは至って簡単で、みるめ(松山ケンイチ)が、大学講師のユリ(永作博美)に夢中になってしまうが、実は人妻だった事を知り打ちのめされる。一方でみるめに密かに想いを寄せていたえんちゃん(蒼井優)は、やり場のない気持ちでいっぱいになる。そんな学生時代の青春の1ページを切り取った様な作品だ。

こんな事を言ったら失礼かもしれないが、これだけどうでも良い事を見せられる作品ってまず無いと思う。本当にどうでも良いことしか映し出されない。あかの他人の日常を切り取って見せられていると言っても過言ではない。カメラも固定でかつ長回しなので、ぼーっと人間観察してる様だ。

さらにセリフは結構ボソボソ喋ってて聞き取りづらいし、行間も長い。

ここまで言うと、本当の駄作にしかならないのだが、何故か無性に各キャラクタに惹かれてしまう。
台本が無く全てアドリブでやってるんじゃないかと思わせる位、超自然な会話が、作られた魅力ではなく、普段、人を好きになる時の様な感覚を味わう。

そしてカメラワークも固定が多い事は事実だが、その時間の長さと、キャラクタの心理状態が上手くリンクされていて、なかなか面白い。

途中眠くなるのは事実だし、オチも無くどうでも良い内容だが、それを思い切ってやってしまった異色な所と、他人の日常を見てると錯覚させる役者の巧さは一度は観ておいても良いかなと思う。

ただ一つだけ、やはりどうしても気に入らないのは、この映画のタイトルだ。
セックス=恋という意図なんだろうけど、やはりズレていると感じて仕方が無い。
サブタイトルになっていた、Don't laugh at my romance.を直訳してロマンスとか恋とか素直に言った方が納得ですね。

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
こんにちは。本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2010/08/02(月) 18:29 | URL | 藍色 #-[ 編集]
TB
TBありがとうございます。
こちらからもTBしておきました。
よろしくお願いします。
2010/08/03(火) 00:06 | URL | Nightwalker #8iCOsRG2[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/95-f2fb4e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2010/08/02/17:28 | 粋な提案 | 人のセックスを笑うな 山崎ナオコーラ 19歳のオレと39歳のユリ。 恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた。せつなさ100%の恋愛小説。 第41回文藝賞受賞作。 ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。