スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




映画レビュー 「少年メリケンサック」

少年メリケンサック

00098.jpg

http://www.meriken-movie.jp/
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330915

パンクバンドをベースにした宮藤官九郎が監督を務めた作品。

メイプルレコードに勤務するかんな(宮崎あおい)は偶然、ネットで少年メリケンサックというパンクバンドのムービーを見つける。社長(ユースケ・サンタマリア)の指示で、契約を取る指示が出され、まずアキオ(佐藤浩市)に会いに行くが、そこには50過ぎのオッサンが・・・。一方でWebアクセスは爆発し、全国ツアーまで決まってしまう・・・。

いきなりネタバレ的な内容だが、いわゆる本当のコメディなので、大きなオチも無く、面白おかしく話は進む。
そしてもう一つの見どころは、普段2枚目で通ってる宮崎あおいや佐藤浩市が下ネタをバリバリに言うギャップだろう。
ぶっちゃけこのノリで楽しんでよ!で以上なのだが、それではレビューにならないので少々気になったところを。

ドタバタコメディの中で、2つの大きなテーマがある。1つは夢を諦めきれてないオッサン達の生き様と、かんなの現実逃避だ。再結成したメリケンサックは演奏もグダグダで、全く曲になってないまでもツアーは続ける。広島でのアキオの言葉が印象的だった。「若いモンにバカにされて、ここでやんなきゃ収まりつかねーよ!」これこそオヤジのプライドだ。古いモノは淘汰され消えゆくのが世の常だが、そんな中で我ここに在り的な気持ちは嫌いじゃない(笑)

もう一つはかんなの現実だ。彼氏であるマサル(勝地涼)は所謂かんなのヒモなのだが、かんなはその現実に気づかないのか、気づきたくないのか、そうは感じていない節がある。しかし、メリケンサックのツアー中に気づくのだが、吹っ切れた女は強い(笑)

全く持って超個人的な意見なのだが、ワタクシはラブソングが嫌いなのである。正確に言うとラブソングばっかり歌ってるアーティストが嫌いだし、加えて、キレイごとばかりのアーティストも嫌いだ。
恋愛なんて実際にはそんな歌で歌われるようになんて上手くいかない事の方が多いし、世の中もそんなに甘くない。だからマサルは登場した時点で嫌いなキャラだったのだが、ラブソングばかりの奴はロクな奴がいない(失礼)というワタクシの持論とぴったりあってしまい、妙に共感した。

だいぶ偏ったレビューになってしまったが、この作品は登場するキャラクタも濃い面子ばかりで飽きないし、内容もテンポが良いハチャメチャなコメディで面白く、単純に笑いたいときにオススメできる作品だ。それと壊れていく宮崎あおいを観たい人にもオススメしておきたい。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nomovienolifebynw.blog106.fc2.com/tb.php/98-bd1454a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。